緑内障対策に全身をリラックス。

目の為にリラックス
 

耳をゆるめて、眼圧の上がりにくい状態を作りましょう。

 
■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、
 耳をゆるめて
 身体をリラックス
 させましょう

■━━━━━━━━━━━━━━━■

黒板をひっかく音のような
不快な音を聞くと、
身体は緊張します。

そこで、耳をゆるめることで、
耳から起こった身体の緊張を
解放させることができますので、
そのやり方をご紹介します。
 

【あなたの目を守るために】自分で出来る緑内障対策

緑内障予防のために、これだけはやっておきたいことをまとめました。 詳しくは、こちら

 

両耳をひっぱり、緊張をほぐす方法

両耳をひっぱって、
身体をゆるめます

1.
両耳を軽くつまんで、頭の側面から
2-3ミリ程度浮かせるように
同時にひっぱります

2.
頭の中にボールをイメージして、
ゆっくり呼吸します。
吸う息でボールが大きくなり、
吐く息で少ししぼむ、
というイメージで呼吸をつづけます

3.
横隔膜がリラックスして、
身体が内側からほぐされます

4.
座った状態で行うのが基本ですが、
立った状態で行うと、
よりゆるんだ感覚が伝わりやすく
効果的です
 

不快な音や、難しい話を一生懸命聞くと、耳の後ろやこめかみが緊張します。

黒板をひっかくような音など、
不快な音が耳に入って、
身体が緊張した経験を
お持ちの方は多いと思います。

同様に、難しい話を
一生懸命聞いていると、
それだけで首筋や肩に力が入ります。

このとき、耳の後ろや
こめかみあたりは、
固くなって緊張しています。

音に対して耳が緊張すると、
耳付近の筋肉が固まってしまうのです。
 

耳周辺の筋肉の緊張は、身体の側面の筋肉のつながりを介して、身体全体に伝わります。

そして、耳周辺の筋肉の緊張は、
身体の側面の筋肉の
つながりを介して、
身体全体に伝わります。

そこで、耳をゆるめることで、
耳から起こった身体の緊張を
解放させてあげましょう。
 

全身をリラックスさせて、眼圧を上げにくくして、緑内障対策。

全身をリラックスさせることで、
眼圧の上がりにくい体質作りを
目指しましょう。
 

緑内障社長の一言コメント

耳をひっぱってリラックスさせてみると、耳が緊張していたことを自覚できます。わりと気持ち良いので、ぜひお試しください。


今回の内容を、正しく緑内障対策にご活用いただく為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しております。

原因不明の眼病である緑内障に対して、ツボや民間療法も含め、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報を、集め、公開しています。

あえて「雑多」とも感じられるほどの、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、どうご活用いただくべきかについて、当サイトがお勧めする活用方法として、以下の記事にまとめました。

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

眼圧を下げるだけでは、緑内障対策としては不十分です。なぜなら・・・

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧を下げることも含めて、ご自分でできる緑内障対策には、大きく3つの種類があります。

失われた視野は、現時点の医療では取り戻すことができません。
後悔のないように、できることは全てやりましょう。

ご自分でできる3つの緑内障対策について、詳しくは、こちらの記事をお読みください:緑内障に、総合的に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

簡単に目に良いことを継続できる無料メルマガはこちら

当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続することができます。

ご利用は無料。ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら