疲れ目対策として、目をリラックスする方法。

緑内障疲れ目予防
 

目の筋肉をリラックスさせるコツが、耳にあります。

本日は、「疲れ目を予防して」、
緑内障の改善を狙います。

(主に、「視神経を強化する改善策」に関連した内容です)
 
■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、
 疲れ目を予防するために、
 目の筋肉をリラックスさせる
 方法をご紹介します。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

パソコンや携帯で
目が疲れる理由は、
画面を見続けて
視野が狭くなるからだと
言われています。

狭い視野で目を集中して使うと、
目の奥にある眼球を動かす筋肉が
緊張して固まります。

これが目が疲れる原因です。
 

【あなたの目を守るために】自分で出来る緑内障対策

緑内障予防のために、これだけはやっておきたいことをまとめました。 詳しくは、こちら

 

疲れ目以外にも、目の筋肉の疲れがもたらす弊害。

また、
目の奥にある筋肉が固まると、
首の付け根の筋肉も
緊張して固まります。

首の筋肉が緊張すると、
姿勢が乱れます。

パソコンでの作業中に、
前のめりになりやすいのは、
そのためです。
 

目の奥の筋肉をリラックスさせる方法。

そこで、
目の奥の筋肉を
リラックスさせる方法を
ご紹介します。

この方法では、
「耳」を使います。

目の奥の筋肉を
リラックスさせる方法は
いくつかありますが、
今回ご紹介するのは、
視野を広げる方法です。

視野が狭くなっているから
疲れるのですから、
視野を広げようという考え方です。

見ているもの(パソコンや本など)
だけではなく、
周りの空間も見るようにします。

とはいえ、
つい夢中に画面を見てしまう時に
「周りの空間も見てください」
と言って、そうできるものでは
ありません。
 

疲れ目対策に、視野を広げる思わぬコツとは。

そこで、姿勢と音、
に注意してみてください。

まず、視野が狭くなっている時は、
前のめりになっていることが
多いです。

姿勢をまっすぐにすることで
視野を広げやすくなります。
 

目の筋肉をほぐすために、耳に注目する。

また、音に注意を向ける方法が
助けになることがあります。

空調の音など、なんでもいいので、
その時自然に耳に入ってくる音に
耳を傾けてみましょう。

すると、視野を自然に
広げることができます。
 

目の周辺の血流を改善して、緑内障対策しましょう。

凝り固まった目の筋肉は、
目の周辺の血流を悪化させます。

目の筋肉をリラックスさせて、
目の周りの血液循環を
良くすることで、
緑内障の予防・改善に
取り組みましょう。
 

緑内障社長の一言コメント

私も、仕事などでパソコンを使っていると、目をあまり動かしていないのか、目がとても疲れることがあります。
今回の方法は、耳に意識を持っていきつつ、仕事にも集中できるまでには、多少慣れが必要だな、と最初は感じましたが、目の変な疲れを予防できるように思います。


今回の内容を、正しく緑内障対策にご活用いただく為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しております。

原因不明の眼病である緑内障に対して、ツボや民間療法も含め、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報を、集め、公開しています。

あえて「雑多」とも感じられるほどの、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、どうご活用いただくべきかについて、当サイトがお勧めする活用方法として、以下の記事にまとめました。

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

眼圧を下げるだけでは、緑内障対策としては不十分です。なぜなら・・・

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧を下げることも含めて、ご自分でできる緑内障対策には、大きく3つの種類があります。

失われた視野は、現時点の医療では取り戻すことができません。
後悔のないように、できることは全てやりましょう。

ご自分でできる3つの緑内障対策について、詳しくは、こちらの記事をお読みください:緑内障に、総合的に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

簡単に目に良いことを継続できる無料メルマガはこちら

当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続することができます。

ご利用は無料。ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら