房水を流しやすくして、緑内障対策。

緑内障予防に眼圧低下
 

身体の歪みの原因を知りましょう。

本日は、「体のゆがみを直して」
緑内障の改善を狙います。

(主に、「眼圧を下げる改善策」に関連した内容です)

■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、
 身体のゆがみの原因を知って
 房水の流れがスムーズな
 体質を目指しましょう。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

房水の流れを
スムーズにするために、
身体のゆがみを
正しましょう。

そのために、なぜ
身体はゆがむのか、
その主な原因をご紹介します。
 

【あなたの目を守るために】自分で出来る緑内障対策

緑内障予防のために、これだけはやっておきたいことをまとめました。 詳しくは、こちら

 

身体がゆがむのは、大きく6つの原因が考えられます。

1.まちがった座り方や立ち方
2.まちがった靴や歩き方
3.運動不足
4.まちがった寝具で寝る
5.出産
6.老化
 

房水の流れがスムーズでないと、眼圧は上がりやすくなります。

緑内障の大きな原因となる
眼圧の上昇ですが、
房水の流れがスムーズでないと、
眼圧は上がりやすくなります。

房水とは、眼圧を一定に保ち、
眼球に栄養や酸素を供給する
透明な液体のことです。

この房水、役目を終えると、
隅角という場所から
静脈に排出されます。

しかし、
眼球の分泌物が隅角に詰まると、
房水が出口をなくしてしまいます。
 

房水が流れやすい、つまりにくい体質作りに、身体の歪みに気を付けましょう。

房水が流れやすい、
つまりにくい体質作りに
チャレンジしてみましょう。

そのために、まず
身体が歪む、代表的な原因を
6つご紹介します。
 

1.まちがった座り方や立ち方

足を組む、横ずわり、
ペチャンコずわり、あぐら。
これらは、すべて骨盤に
負担をかける姿勢です。

立つときも、
片足に重心をかける、
足をクロスして立つ、
だらっとした姿勢の悪い立ち方
など、すべて骨格を
ゆがめる原因となります。
 

2.まちがった靴や歩き方

足に合わない靴は、歩きづらく、
また足に余計な負担をかけます。

体は全体でバランスをとろうと
しますので、足の骨の負担は
骨盤や背骨に影響を与えます。

歩き方も同様で、
内股歩きや外股歩きなど、
骨盤をゆがめ、
身体のゆがみを生み出します。
 

3.運動不足

骨格は筋肉で支えているので、
運動不足で筋力が低下すると、
歪みやすくなります。

特に、腹筋や背筋など、
骨盤を支える筋肉が弱まると、
骨盤が開き、
身体が歪みやすくなります。

また、逆に
体に負担をかけすぎる運動も、
骨盤をずらし、
身体をゆがませることがあります。
 

4.まちがった寝具で寝る

柔らかすぎる布団は、
腰に負担をかけ、
骨盤をゆがませます。

逆に、かたすぎる布団は、
ストレスの元となります。

ストレスは、血流を鈍らせ、
筋肉を緊張させるため、
歪みにつながります。

また、無意識に行う「寝返り」。
実は、寝返りには、
歪みを自然に解消しようとする
自己修復の役割があります。

適度な広さと、
弾力のある快適な寝具で、
自然に寝返りをうてる状態で
寝ることで、
その日の歪みをその日に
解消できるようになります。
 

5.出産

女性の骨盤に大きな影響を
与えるのが出産です。

特に出産後10日間は、
骨盤が急速に閉じる時期ですので
正しい座り方・眠り方を
心がけましょう。

歪みを直すチャンスでもあります。
 

6.老化

老化による筋肉や骨の力の低下が
歪みの原因となります。

適度な運動や
バランスの良い食事で
予防しましょう。
 

緑内障社長の一言コメント

寝返りには、その日の歪みを、自然に解消しようとする役割があると知って、人間の身体のすごさに驚いた記憶があります。
眠る際には、適切な広さを確保して、自然な寝返りをうつことができるように心がけています。
普段も、ご無理のない範囲で、正しい姿勢を心がけてみてください。


今回の内容を、正しく緑内障対策にご活用いただく為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しております。

原因不明の眼病である緑内障に対して、ツボや民間療法も含め、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報を、集め、公開しています。

あえて「雑多」とも感じられるほどの、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、どうご活用いただくべきかについて、当サイトがお勧めする活用方法として、以下の記事にまとめました。

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

眼圧を下げるだけでは、緑内障対策としては不十分です。なぜなら・・・

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧を下げることも含めて、ご自分でできる緑内障対策には、大きく3つの種類があります。

失われた視野は、現時点の医療では取り戻すことができません。
後悔のないように、できることは全てやりましょう。

ご自分でできる3つの緑内障対策について、詳しくは、こちらの記事をお読みください:緑内障に、総合的に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

簡単に目に良いことを継続できる無料メルマガはこちら

当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続することができます。

ご利用は無料。ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら