長寿遺伝子の活性化で緑内障対策。

緑内障改善のために
 

そのためには、腹八分目で、空腹を感じる時間を持ちましょう。

本日は、「腹八分目で」
緑内障の改善を狙います。

(主に、「発症確率を下げる改善策」に関連した内容です)

■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、
 緑内障の発症と進行に
 影響を与える「老化」に
 抗うべく、
 腹八分目の効能について
 お届けします。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

緑内障の発症と進行には加齢、
つまり身体の老化が
影響しています。

そして、長寿に関係する遺伝子は、
小食によって、活性化すると
考えられています。

昔からの言葉にも
「腹八分に病なし」
というように、
長寿の秘訣は小食にあります。
 

【あなたの目を守るために】自分で出来る緑内障対策

緑内障予防のために、これだけはやっておきたいことをまとめました。 詳しくは、こちら

 

小食に失敗する方の特徴とは。

しかし、そう分かっていても、
小食の習慣を身につけるのは
難しいことです。

そこで、小食を続けるための
ヒントをご紹介します。

小食の習慣づけに失敗する方は、
我慢(=意志の力)に
頼ることが多いようです。

空腹や食べたいという欲望を
意志の力で抑えつけ、
我慢をしようとするのです。

しかし、
我慢ばかりでは失敗します。
空腹を楽しめないと、難しい。
 

空腹を楽しんで、長寿遺伝子の活性化に成功するコツ。

それでは、空腹を楽しむには、
どうしたらいいのでしょうか。

空腹のときに体調がよくなる。
そのことがわかれば、
空腹を楽しめるようになります。

たとえば、最初の頃は、我慢して、
甘い物や脂っこいものなどを
控えます。

そして、しばらくしたら、
解禁日を設けます。
普段やめているものを解禁して
たくさん摂取してみるのです。

すると、
とたんに体調が悪くなることが
体験できます。

小食にすると体調がよいことを
実感できるはずです。

こういった経験を繰り返すと、
空腹を楽しめるようになります。

食事は腹八分目までにして、
空腹を感じる時間を持つことで、
長寿と緑内障の発症や進行抑制を
目指しましょう。
 

摂取カロリーを抑えることで、長寿遺伝子が活性化します。

長寿に関係する遺伝子は30個以上
発見されているそうですが、
現在注目されているものに
「Sir2」遺伝子があります。

この遺伝子は、誰もが持っていて、
活性化することができれば、
長寿が達成できると
考えられています。

元々、この遺伝子は
酵母菌から発見されました。

そして、この遺伝子は、
エサがたくさんあって、
暖かいぬくぬくした環境で育つと
活性がないのですが、エサが乏しく
外気温が低い環境で育つと
活性化したそうです。

つまり、
摂取カロリーを抑えることで、
長寿遺伝子を活性化できることが
わかっています。

実際、
カロリーを制限した実験では、
ミジンコでは1.7倍、
ラットでは1.4倍も
寿命が延びたことが
確認されています。

また、米国の
ウィスコンシン大学の実験では、
17年間、カロリーを30%制限して
飼育したサルは、
カロリー制限していない
サルに比べて肌の色つやがよく、
ほとんどシワもない、
という結果が得られています。

そのサルは、血液中のDHEAという
若返りホルモン値が非常に高く、
脳も活性化されているようだ、
とされています。
 

長寿遺伝子の活性化に、腹八分目が良いことは、実は誰でも体験的に知っています。

こうした実験に頼らずとも、
そもそも、運動する前に
腹いっぱい食べる人はいません。
満腹では苦しいからです。

また、試験や商談など
大切な機会の前に
たくさん食べる人も少ないです。

その方が身体の調子がよくなることを、
体験的に知っているからです。

食事は腹八分目までにして、
空腹を感じる時間を持つことで、
長寿と緑内障の発症や進行抑制を
目指しましょう。
 

緑内障社長の一言コメント

一日の中で、空腹を感じる時間を持とうとすると、自然と食べ過ぎることができなくなったり、規則正しい食生活となったり、健康的に過ごせるように思います。
健康的に過ごそう、と思うと、やや曖昧としていますが、一日のどこかで空腹を感じる、ということは具体的でわかりやすく、私は気に入っています。
余談ですが、長寿遺伝子という名前に、なぜかワクワクします。


今回の内容を、正しく緑内障対策にご活用いただく為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しております。

原因不明の眼病である緑内障に対して、ツボや民間療法も含め、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報を、集め、公開しています。

あえて「雑多」とも感じられるほどの、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、どうご活用いただくべきかについて、当サイトがお勧めする活用方法として、以下の記事にまとめました。

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

眼圧を下げるだけでは、緑内障対策としては不十分です。なぜなら・・・

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧を下げることも含めて、ご自分でできる緑内障対策には、大きく3つの種類があります。

失われた視野は、現時点の医療では取り戻すことができません。
後悔のないように、できることは全てやりましょう。

ご自分でできる3つの緑内障対策について、詳しくは、こちらの記事をお読みください:緑内障に、総合的に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

簡単に目に良いことを継続できる無料メルマガはこちら

当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続することができます。

ご利用は無料。ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら