運動によって、老化を予防することができます

目を応援します
 

緑内障の発症率は老化によって上がります

■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、ウォーキングや
 ラジオ体操など、
 全身を使った運動をして
 老化を予防しましょう。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

運動というのは、
筋肉等の運動器官を通して
多くの情報を
脳に伝達していきます。

下手な「脳トレ」より、
よほど、老化予防に
つながります。

今日は、
ウォーキングや、ラジオ体操等、
全身を使った運動をして、
老化予防に取り組みましょう。

老化に伴い、緑内障発症の確率は
上がりますので、緑内障対策にも
つながります。

 

【あなたの目を守るために】自分で出来る緑内障対策

緑内障予防のために、これだけはやっておきたいことをまとめました。 詳しくは、こちら

 

運動が脳を活性化します

運動というのは、
筋肉等の運動器官を通して
多くの情報を
脳に伝達していきます。

この伝達が、脳にとっては
非常に大きな刺激になるのです。

動きによる脳の
空間認知能力を刺激したり、
動きに該当する脳の部位が
活性化することで、
動きに関連する機能
(たとえば内臓等の働き等)を
活性化させていくこともできます。

 

脳トレより、運動の方が、続けやすい!?

しかも、運動は、
「楽しく」続けられる、という
メリットもあります。

脳トレ等は、特に高齢者にとって
自身の記憶力の低下を、
意識してしまい、
モチベーションを維持するのが
大変な傾向があります。

しかし、運動は楽しく継続でき、
身体機能も上がります。

運動は好きでないという方も、
無理をする必要はありません。

家事や、庭仕事等の
体を動かす動作は、脳から見れば、
全て「運動」になりますし、
特に制限等を設けず、
「好きなように動く」ことで
十分です。

美術館に行く、公園を歩く、
買い物に出かける。

そうした行為を、
より取り入れるだけでも
効果があります。

根本的な老化予防をしていく上で
全身運動はとても効果的ですので、
ぜひ取り入れてみてください。
 

緑内障社長の一言コメント

やはり運動の健康効果は大きい、と個人的にも感じます。
とはいえ、ここでいう「運動」の意味は広いですので、スポーツがあまり好きでない方でも、好きな方でも、それぞれの方に合った形で、楽しく身体を動かせればいいのではないかと思います。
運動後のビールは控えておりますが(笑)


今回の内容を、正しく緑内障対策にご活用いただく為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しております。

原因不明の眼病である緑内障に対して、ツボや民間療法も含め、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報を、集め、公開しています。

あえて「雑多」とも感じられるほどの、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、どうご活用いただくべきかについて、当サイトがお勧めする活用方法として、以下の記事にまとめました。

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

眼圧を下げるだけでは、緑内障対策としては不十分です。なぜなら・・・

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧を下げることも含めて、ご自分でできる緑内障対策には、大きく3つの種類があります。

失われた視野は、現時点の医療では取り戻すことができません。
後悔のないように、できることは全てやりましょう。

ご自分でできる3つの緑内障対策について、詳しくは、こちらの記事をお読みください:緑内障に、総合的に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

簡単に目に良いことを継続できる無料メルマガはこちら

当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続することができます。

ご利用は無料。ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら