ストレスは血管を収縮させ、眼圧を上昇させます。

緑内障予防にストレス解消
 

ストレス解消に、セロトニンを分泌させましょう。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、ストレス解消と、
 安眠作用のあるセロトニンを
 分泌させましょう。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

心を落ちつかせる伝達物質に
「セロトニン」があります。

ウォーキングなどの軽い運動は、
セロトニンを分泌させて
自律神経のバランスをとり、
精神を安定させます。

さらに、このセロトニンは
分解するとメラトニンに
変化します。

このメラトニンは睡眠物質と呼ばれ
夜、安らかな眠りにつける作用が
あります。

今日は、メラトニンの
ストレス解消と安眠作用で、
緑内障に対抗しましょう。
 

【あなたの目を守るために】自分で出来る緑内障対策

緑内障予防のために、これだけはやっておきたいことをまとめました。 詳しくは、こちら

 

ストレスによる眼圧上昇が、緑内障を悪化させます。

ストレスの元となるのは
交感神経の緊張です。

人間関係や仕事の疲れなど、
心と体の両面が
ストレスの原因となりえます。

ストレスを感じて
交感神経が過剰に働くと、
アドレナリンの作用が強くなり
血管が収縮します。

その結果、血流障害がおこり
眼筋や視神経に影響して
房水の流れが悪くなり
眼圧は上昇します。
 

ストレス解消に、「セロトニン」を活用しましょう。

ストレスを解消するためには、
リラックスの時間をとり入れて
副交感神経とのバランスを
とることが大切です。

アドレナリンの増え過ぎを抑えて
心を落ちつかせる伝達物質に
「セロトニン」があります。
 

セロトニンを分泌させて、精神の安定と安眠を。

ウォーキングなどの軽い運動は、
セロトニンを分泌させて
自律神経のバランスをとり、
精神を安定させることができます。

また、セロトニンは分解すると
メラトニンに変化します。

このメラトニンは、
睡眠物質と呼ばれ、
夜、安らかな眠りにつける作用が
あります。

軽い運動と安眠で
ストレスのない毎日を
目指しましょう。

 

緑内障社長の一言コメント

緑内障は原因不明で、現状、一生治らない、ということで、緑内障と診断された際に、ひどく悩んでしまう方も多いと思います(私自身そうでした)。
しかし、悩み過ぎても、症状に良いことは一つもありません(そう分かっていても、悩んでしまうものですが)。
悩み過ぎても仕方ないのだ、と思えるようになること、今回ご紹介したように、軽い運動を取り入れるなど、できる範囲で、リラックスにつながることをやってみては、いかがでしょうか。


今回の内容を、正しく緑内障対策にご活用いただく為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しております。

原因不明の眼病である緑内障に対して、ツボや民間療法も含め、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報を、集め、公開しています。

あえて「雑多」とも感じられるほどの、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、どうご活用いただくべきかについて、当サイトがお勧めする活用方法として、以下の記事にまとめました。

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

眼圧を下げるだけでは、緑内障対策としては不十分です。なぜなら・・・

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧を下げることも含めて、ご自分でできる緑内障対策には、大きく3つの種類があります。

失われた視野は、現時点の医療では取り戻すことができません。
後悔のないように、できることは全てやりましょう。

ご自分でできる3つの緑内障対策について、詳しくは、こちらの記事をお読みください:緑内障に、総合的に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

簡単に目に良いことを継続できる無料メルマガはこちら

当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続することができます。

ご利用は無料。ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら