血行改善のために、ふくらはぎをマッサージ。

ふくらはぎマッサージで血行促進
 

血行を促進して、緑内障対策。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、ふくらはぎマッサージで
 血流を改善して、
 緑内障対策をしましょう。
 
■━━━━━━━━━━━━━━━■

ふくらはぎは「第二の心臓」という別名を持っているほど、血液循環には欠かす事の出来ない部位です。

血液は心臓の拍動によって全身に届けられ、ふくらはぎの筋肉のポンプ作用により末端から心臓に戻されます。

ゆえに、ふくらはぎの筋肉量の低下や筋肉の柔軟性の喪失は全身の血流を悪化させてしまうのです。

今回は、ふくらはぎの柔軟性を取り戻して血行を促進するマッサージ方法をご紹介いたします。
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

1. ふくらはぎマッサージのやり方。

ふくらはぎのマッサージは末端の血液を心臓に戻す事をイメージしながら行います。ですので、脚の下から上に押し上げるようにマッサージしていく事が大切です。

また、ふくらはぎを「内くるぶしから骨に沿ったライン」「外くるぶしから骨に沿ったライン」「アキレス腱からふくらはぎの中央を通るライン」の3つのラインに分けてマッサージするとより効果的に筋肉を揉みほぐす事ができます。

【ふくらはぎマッサージのやり方】

1.内くるぶしから骨に沿って両手の親指を重ね合わせて少しずつ指をスライドさせながら膝まで押しもみしてください。

2.次に膝を内側に倒して、外くるぶしから骨に沿って、1と同様に下から上へと両手の親指で押しもみします。

3.最後は膝を立てて、アキレス腱からふくらはぎの裏側の中央を下から上へと揉みほぐします。

4.左右の脚を入れ替えて、もう片方の脚も同様にマッサージしましょう。
 

2. ふくらはぎマッサージするタイミング

マッサージするタイミングは入浴後がベストでしょう。

入浴後は温熱効果により、全身の血流が良くなっているので、この状態でマッサージを行うと筋肉がほぐれやすくなり、うっ血した状態を解消しやすいのです。

入浴後以外には、就寝前にお布団の上で行うのも良いでしょう。
気持ちよく入眠する事が出来ますよ。
 

3. ふくらはぎマッサージ中の注意点

人間は心地良さを感じた時に脱力して筋肉も柔らかくなる傾向にあります。

ですので、マッサージする時は強く揉みすぎないで、気持ち良さを感じる程度の力加減にしましょう。

また、体をリラックス状態にするために、マッサージ中は呼吸を整える事も大切です。

お腹を膨らませながら鼻から息を吸い、お腹のお肉が全ておへそに集まるようなイメージをしながら口からゆっくりと息を吐き切ります。

マッサージは呼吸に合わせるようにし、息を吐く時に押し、息を吸う時に力を抜くようにしましょう。

好みの香りが配合されているマッサージクリームを使うと、マッサージもしやすいですし、リラックス効果により筋肉がよりほぐれやすくなりますよ。

最後に
重力により、足にはどうしても血液が滞留しやすくなります。

血行を促進するためには、日々のケアでその日の内にその日のうっ血を解消する事が重要です。

無理をしない程度にふくらはぎマッサージを毎日の習慣として行うようにしてくださいね。
 

ふくらはぎマッサージで血流を改善して、緑内障対策。

網膜ではつねに、
映像の情報を処理するために、
大量の酸素や栄養素が消費されています。

その酸素や栄養素を運ぶのが、
網膜に流れる毛細血管と、
中を流れる血液です。

そこで、全身の血流が改善し、
毛細血管や血液の成分を、
良好な状態に保つことによって、
目の機能を高めたり、
緑内障の改善が期待できます。
 

緑内障社長の一言コメント

つい力を入れてしまうことがあるのですが、心地良さを感じることを何よりも大切にやってみてください。和らぐことが実感できると思います。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら