正しく枕を選んで、リラックスして眠りましょう。

枕と安眠
 

安眠で、緑内障に対抗しましょう。

本日は、「枕」を見直して
緑内障の改善を狙います。

(主に、「眼圧を下げる改善策」に関連した内容です)

■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、
 よりリラックスして眠るために
 枕を見直してみましょう。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

質の良い眠りは心身の健康に必要不可欠です。
目を休ませるためにも、睡眠は大切。

夜間の睡眠中には、メラトニンをはじめ、成長ホルモンなど多くの種類のホルモンが分泌されて目の細胞が修復されています。
この成長ホルモンが、もっとも多く分泌されるのが、午後10時~午前3時。
この間に睡眠をとることが好ましいとされています。

また、目を休ませるには、睡眠の質も大切です。
良質な眠りを実現するために見逃してはいけないのが、枕です。

枕の選び方次第では、首を歪めたり、眠りが妨げられて自律神経が乱れてしまう原因になるんですよ。

今回は、安眠をサポートする正しい枕の選び方をお伝えいたします。
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

1. 枕の高さは、顔の角度が5度下になるように

枕選びで重要なポイントの一つが枕の高さです。

高さが高くても低くても首に負担をかけてしまいます。

理想的な高さは、「立っている時の姿勢を再現できる」高さです。

そのためには、枕を使用した時に、顔の角度が5度程度下になるような物を選ぶと良いでしょう。

また、マットや敷布団と首の間に隙間が出来ないようにするのも大切です。

個々人で高さは微妙に異なってきますが、男性は「後頭部の部分が5~6センチで首の部分が7~8センチ」、女性は「後頭部の部分が3~4センチで首の部分が5~6センチ」になっている物を目安にするといいですよ。
 

2. 枕の大きさは、寝返りが出来る物を

枕の大きさも良質な睡眠には欠かせない要素です。

人は眠っている時、一晩に20~30回も寝返りを打つと言われています。
寝返りを打った時、頭が枕からはみ出してしまったら、枕の意味がなくなってしまいますし、目が覚める原因になります。

ですので、枕の大きさは寝返りを打っても頭がはみ出さない物を選ぶようにしましょう。
だいたい横幅が60センチ、縦幅が40センチあるものを選ぶといいですよ。
 

3. 枕の素材は、好みのものにしてリラックス

枕に使われている素材は様々で、素材によって柔らかさや質感が大きく変わります。

素材にはそれぞれメリットとデメリットがあり、必ず「この素材を使うとよい」という物はありません。

素材を選ぶ際は、自分の好みにあっていて、いかに自分がリラックス出来る状態になるかを判断基準にしましょう。

代表的な素材の特徴は以下の通りです。

・羽毛やエステル、綿
 ふんわりした柔らかい感触

・パイプ
 硬さは中程度で通気性が良く、ゴツゴツとした感触

・低反発ウレタン
 頭の形に変形するため、頭を包まれたような感触
 

4. 枕は、3点をしっかり支えて使用する

最後に、枕の使い方も非常に重要です。

よく頭だけを乗せて使用している方を目にしますが、この使い方だと首に大きな負荷がかかってしまいます。

枕の正しい使い方は、肩・頸部・後頭部の3点が枕にのっており、しっかりと支えられている状態です。
 

枕は定期的に替えましょう。

最後に、枕を正しく選んで理想的な使い方をしていても、ずっと同じ物を使うのは好ましくありません。

枕にも寿命があり、使っていると頭の重さでぺちゃんこになってきたり、汗で不衛生になります。

安眠のためにも、枕のメンテナンスと買い替えは定期的に行いましょう。 
 

緑内障社長の一言コメント

ずいぶん長く使っていた枕だったので、これを機に変えてみたところ、少し気分転換ができました。快適な睡眠が体調を大きく改善してくれることを、改めて実感しました。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら