姿勢の悪さは体を歪め、血流悪化の原因になります。

姿勢を正して血流改善
 

見落としがちなオフィスでの姿勢保持方法をご紹介。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、仕事中の姿勢を見直して
 身体の歪みや、血流悪化を
 予防しましょう。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

体のどんな部位でも、
血液がスムーズに行かなくなると
血行不良で「冷え」が起こり、
その部位の機能が低下します。

従って、近視も、老眼も、眼病も、
目や脳が冷えていることが原因、
とする考え方があります。

そうした考え方では、緑内障は、
視神経の血流障害が原因と
されています。

そこで、目の冷えを
解消することで、
緑内障の解消が可能である、と
考えられているのです。
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

全身の血流アップには、正しい姿勢でいることが大事です。

姿勢の悪さは体を歪める原因になり、血流悪化や内臓機能の低下を引き起こしてしまうため、健康維持のためには正しい姿勢の保持は必要不可欠です。

あなたは亀首になっていませんか?

 

仕事中に、亀首・猫背になっていませんか?

意外と見落とされがちなのがオフィスでの仕事中の姿勢です。

パソコンをしているとどうしても亀首や猫背になってしまうのですが、1日の大半をオフィスで過ごすので、仕事中の姿勢は非常に重要だと言えます。

今回は、ついつい悪くなりがちなオフィスでの正しい姿勢の保持方法をお伝えいたします。
 

1. イスは深く!直角に!

まずは、イスの調節の仕方についてですが、キーポイントは「深く」「直角に」です。

イスを自分で選べる時は、座面が深い物を選ぶようにしましょう。

理想的なのは、深く座った時に、腰が直角になり、背もたれが背筋にきっちり沿うような形です。

座った時に背もたれが背筋に沿う事で、正しい姿勢を楽に維持できるようになります。

次に、イスの高さを調節しましょう。

腰を直角にして座った時、足の裏がしっかり地面について、膝が直角になるようにしましょう。

そうすることで、足がぐらつかず安定した姿勢を取る事が出来ます。
 

2. 机は配置が命!

イスの次は、机の設定をしましょう。

机は配置が何よりも重要になってきます。

まずは、イスとの間隔ですが、机とイスはあまり間をあけないように配置しましょう。
机とイスの間が開いてしまうと、パソコン作業をする時に、骨盤が倒れて猫背になってしまいます。
机に肘をおいた時、肘が95~110度くらいの角度になるようにしてください。

また、パソコンの画面は体の真正面にくるように配置し、体を左右に歪ませないようにしましょう。

スクリーンの高さは、背筋を伸ばして真っ直ぐ前を見た状態から5度から10度下にくるようにするとベストです。
そうすることで俯いて亀首になる事を防止出来ます。
 

3. 丹田を意識して座る!

イスと机をベストな状態にしたら、後は正しい姿勢を作るだけです。

正しい姿勢をする時は、丹田を意識するようにしましょう。

丹田とは、おへそから手の平一つ分下がり、さらに内臓方向に少し奥に入った点の事を指します。
丹田は体の中心と言われており、丹田を意識する事で、自然に正しい姿勢を維持する事が出来るのです。

膝と腰を直角にし、骨盤を立てて背筋を真っ直ぐな状態にします。

この時、耳の穴、肩の真ん中、太ももの付け根が一直線上になっていれば正しい姿勢です。

最初は辛く感じるかもしれませんが、体にとってはこの状態が一番負担が少ないので、慣れれば楽になりますよ。
 

正しい姿勢でいれば、腰痛なども軽減されます。

最後に、仕事に集中してついつい姿勢が悪くなりがちなオフィスでは、イスと机をしっかり調整して「姿勢が崩れない」状態を作る事が重要です。

正しい姿勢を維持していると、むくみや腰痛なども軽減されるので、一度自分のオフィス環境を見直してみてください。
 

緑内障社長の一言コメント

色々気を遣うのは大変、という方は、まずは椅子に深くしっかりと腰かけることを心がけるだけでも、ずいぶんと違います。最初は疲れましたが、慣れると確かに楽だと感じます。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら