ワインでアンチエイジング

ワインと緑内障
 

認知症予防にも効果あり

■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、ワインを飲んで
 アンチエイジング!
 緑内障に立ち向かいましょう。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

緑内障の発症と進行には加齢、
つまり身体の老化が
影響しています。

そして、自然食品の中から、老化予防効果のあるさまざまな成分が発見されています。

その中でも、今回は身近なアンチエイジング食品として注目されているワインについてお伝えします。
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

大注目のレスベラトールとは?

ワインの中に含まれる「ポリフェノール」は日本でも非常に有名です。
サンタベリー(主に北欧の森に自生する赤い果実)やブドウの皮にたくさん含まれる成分です。

ポリフェノールには抗酸化作用があり、北欧の強い紫外線から果実を守るために、皮にたくさんのポリフェノールを蓄えています。

このポリフェノールの一種である「レスベラトール」は、非常に高い抗酸化作用をもち、美肌効果が期待されることから、化粧品やサプリメントなどに使用されるなど、美容界で注目を集めています。

レスベラトールのすごいところは、美容に関するアンチエイジング効果のみならず、心臓保護作用や、神経細胞保護作用、抗ガン作用、メタボリックシンドロームを防ぐ作用などさまざまな効果をもつことにあります。
 

認知症予防にも効果あり!

認知症の多くが、βアミロイドというタンパク質が大脳皮質に蓄積することによって引き起こされる、脳神経細胞の死滅が原因です。

レスペラトロールには、このβアミロイドの沈着を減少させる効果があると言われています。
すでに認知症を発症してしまった患者さんでは、改善効果が認められなかったものの、進行の抑制や、認知症の予防として有用という研究結果があります。

レスペラトロールを認知症の薬として使用するには、まだ研究が必要そうですが、ワインを飲むことで摂取できるため、今から始めることもできそうです。

では、どのくらいのワインを飲めばよいのでしょうか?
 

適切なワインの量はどのくらい?

加齢に伴ってアルコールの代謝機能が落ちますが、平均的には毎日1杯から2杯程度の量、最低でも1週間に1杯程度を飲むと、死亡率が優位に下がるという研究結果がでています。

ここで、「毎日飲んでも大丈夫?」「休肝日は?」という疑問があるかもしれません。

結論をいうと、アルコールが体質的に飲めな人以外は、飲む量が適切であれば毎日飲んでも問題ありません。

日本では、少しの量を毎日飲むというスタイルではなく、飲み会などでついつい飲みすぎてしまう日とそうでない日の差が激しいことが問題です。

一方ヨーロッパでは、毎日仕事帰りにパブで一杯飲む人が多いのですが、日本のようにベロベロになるまで飲み明かす人は少なく、飲酒を他人が強制する文化もないため、あまり休肝日という概念がないようです。

毎日色々なワインを少しずつ楽しみながら、健康にもつながるなんて素敵ですよね!

是非実践してみてはいかがでしょうか。
 

緑内障社長の一言コメント

飲み過ぎないなら、毎日飲んでも良いと知った時、とても嬉しかったです。
でも、つい飲み過ぎてしまうので、私は飲む前に点眼をするようにしています
(酔ってそのまま寝てもいいように)。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら