音楽で睡眠の質を高めましょう。

目に良い睡眠
 

不眠症治療で注目される方法で、緑内障対策。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、不眠症に対する
 音楽鑑賞の入眠効果について
 お届けします。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

目が疲れたとき、短時間でも目を閉じて休ませると楽になりませんか?

夜の睡眠には、それよりもさらに目を休ませ、疲労を回復する効果があります。

夜間の睡眠中には、メラトニンをはじめ、成長ホルモンなど多くの種類のホルモンが分泌されて目の細胞が修復されています。

この成長ホルモンが、もっとも多く分泌されるのが、午後10時~午前3時。

この間に睡眠をとることが好ましいとされています。

また、目を休ませるには、睡眠の質も大切です。

しかし、なんだか寝つけない、そんな日もありますよね。

なにしろ、不眠症は今や5人に1人が抱えるといわれる現代病です。

不眠により、様々な臓器障害や精神障害を引き起こすため、質のよい睡眠をとることは非常に大事なのです。

そこで今回は、不眠症に対する音楽鑑賞の入眠効果についてお話しします。
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

緑内障に限らず、不眠症は万病のもと、と言われています。

生物の進化の過程で、哺乳類や鳥類には、レム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠があり、2種類の睡眠により身体や脳をしっかり休めているといわれています。

そのため、睡眠障害は、身体の異常や精神障害につながってしまうのです。

人間の場合、適切な睡眠時間は人それぞれです。

平均的には、6時間〜8時間程度の睡眠が、最も死亡率や脳心血管疾患といった病気のリスクを下げるということがわかっています。

しかし、日本でも成人の約20%、中高生では約25%が不眠に悩んでいるとされ、欧米ではさらに深刻で、入眠を促すメラトニンの錠剤がドラックストアに並んでいます。
 

眠りを誘う 音楽療法とは?

不眠治療には薬物療法がしばしば用いられます。
しかし、睡眠薬への精神的および身体的な依存が問題となるため、薬以外の治療方法が日々研究されています。

その一つが、音楽療法です。

睡眠を促す音楽がたくさん販売されていますが、この療法では音楽の種類は特に指定されていません。

最近の研究では、部屋の明かりを落として、自分の心地よい音楽を毎日寝る前30分ほど聴くことで、その音楽を聴くと眠れるという習慣ができることがわかりました。

この治療のメリットは、特別な器具や準備が必要ではなく、今日からでも始められることや、副作用が全くないことです。

有名なスポーツ選手は試合前に心を落ち着けるために、行う事を決めている人が多いのですが(例えば、決まった音楽を聴く、決まったポーズをするなど)、この音楽療法も同様に、就寝前の音楽を習慣付けることで、心をリラックスさせる効果が期待できます。
 

睡眠前の音楽は 耳鳴りにも効果的です。

耳鳴りは年とともに強くなることがあります。

加齢に伴い、耳の聞こえが悪くなる(加齢性難聴)と同時に耳鳴りが強くなることが多い(加齢性耳鳴)のです。

耳鳴りは外から聞こえる音ではないため、遮断することは難しく、耳鳴りが気になって不眠になる人もいます。

シーンとした部屋では、耳鳴りに集中してしまい、どんどん耳鳴りが気になって眠れなくなってしまいます。

そんなときに、音楽を流すことで、外からの音で耳鳴りを感じにくくしてくれるため、音楽療法は耳鳴りにも効果があるとされています。

この音楽療法は「毎日」続けることがポイントです。

不眠で悩んでいる方は、騙された気分で、まずは1ヶ月試してみてはいかがでしょうか。
 

緑内障社長の一言コメント

ちょっとしたことが気になって、なかなか眠れなくなる夜があります。
そんな時でも、入眠儀式とでも言いますか、自分なりの決まった動作や思考パターンを繰り返すことで、「あ、眠れるな」と感じることがあります。
今回ご紹介している音楽療法の、一番好きな点は、意識的な入眠儀式を、新たに一つ追加できるところです。
眠るための引き出しを一つでも多く持っておいて、損はないように思いました。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら