話題の温熱療法を自宅で簡単に行う方法。

温熱療法で緑内障対策
 

血行改善とリラックスで、緑内障対策につながります。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、温熱療法を
 ご自宅で簡単に行う方法を
 お届けします。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

温熱療法は、元々、ガン治療の一貫として注目を集めていました。

しかし、温熱療法には、血流改善やリラックス効果もあると言われており、ガンの治療だけではなく、様々な分野で、健康法として、取り入れられています。

緑内障でいえば、目の周辺の血流改善は、目に栄養を届けることができますし、また、リラックスすることで、眼圧は下がりやすくなりますので、緑内障対策にもつながります。

ご存知の方の中には、温熱療法と聞くと、特定の医療機関などで施術してもらう印象があるかもしれません。

しかし、実は自宅で簡単に温熱療法を取り入れる事が出来るのです。

そこで今回は、温熱療法がもたらす人体への効果と自宅で出来る簡単な方法をご紹介いたします。
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

1. 温熱療法とは。

温熱療法とは、体を温める温熱刺激により、循環機能の改善や痛みの軽減・リラックス効果など様々な利益を人体にもたらす治療法の事を指します。

治療法は多種多様で、温泉やホットパック・カイロを利用したものから超音波や電磁波などを利用したものまであります。

そうした中で、自宅で手軽に出来て、尚且つ、効果が高いのが、ホットパック法です。

今回はホットパック法に焦点を当てていきたいと思います。
 

2. ホットパック法の効果。

ホットパック法には「血行の改善」と「リラックス効果」の大きく2つの効果があります。

各々のメカニズムは以下の通りです。
 

・ 血行の改善

ホットパックによる熱刺激を感知すると人体はヒスタミン様物質を放出します。

ヒスタミンには血管拡張作用があるため、ホットパックを当てた部位を中心に血管が拡張し、その結果血流が増加して血行が改善されるのです。
 

・ リラックス効果

温熱療法により熱刺激が加わると、筋紡錘の感受性が低下します。

これに伴って筋肉の緊張が低下し、体にリラクゼーション効果がもたらされるのです。

筋肉の緊張の軽減はリラックス効果だけではなく、疼痛を緩和する効果もあります。
 

3. ホットパックの使い方。

ホットパックはドラッグストアなどで比較的安価で手に入れる事が出来ます。

市販のホットパックを使った温熱療法のやり方をご説明します。

用意する物は、ホットパック、タオル8枚、ラップ又はビニール袋、厚手のバスタオルです。

1.ホットパックを商品の説明書通りに加温します。

お湯で加温する場合は、80~85度のお湯で15分以上温めましょう。

2.温めたい場所を上にした体勢をとります。

大きめのタオルを8枚程度用意し、温めたい場所に敷いて、その上からホットパックを置いてください。
お湯で温めた場合は、水気を拭き取ってから置きましょう。

3.ホットパックの熱が逃げないように、ラップやビニール袋で上からホットパックを覆います。

その上からさらに厚手のバスタオルなどを被せてください。

4.この状態で20分患部を温めます。

20分以上行うと逆に熱を奪われてしまうので、気をつけてください。
 

4. ホットパックの作り方。

ホットパックはドラッグストアで購入する事が出来ますが、より安価で手に入れたいのであれば、自分で手作りしましょう。
作り方も簡単なので、是非挑戦してみてください。

用意する物は、紙おむつ(高分子吸収体入り)と水、はさみ、フリーザーバック(レンジ可能)です。

ホットパックの手作り方法は以下の通りです。

1.紙おむつを切って、中から綿と高分子吸収体の粉を取り出します。

2.綿と粉を解してからフリーザーバックの中に入れ、ゼリー状になるまで水を注ぎます。

3.空気をしっかり抜いてチャックを止めれば出来上がりです。

4.使用する際は、レンジで2~3分加熱して使ってください。

最後に
今回ご紹介した手作りホットパックは一度作れば、繰り返し使え、レンジで簡単に温める事が出来るので非常に便利です。

ホットパックで温熱療法を行う時は、方法をきっちり守って、くれぐれも火傷には注意してください。
 

緑内障社長の一言コメント

温める、という行為には、本当に驚くような効果があると思っています。
原因不明の緑内障やその他の様々な病気に、温める、というようなシンプルな行為で対抗していきたいと思います。
(そして、このように、私たちが、何となく体に良さそう、と思っていることの効果が、科学的にも立証されるといいなあ、と思います)


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら