房水を流して、緑内障対策。

歪みを解消して緑内障予防
 

歪みを解消して、流れやすい体質作り。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、偏咀嚼を予防して、
 歪みを解消し、
 房水の流れやすい体質を
 目指しましょう。

■━━━━━━━━━━━━━━━■
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

気づかぬうちに顔がゆがんでしまう偏咀嚼の予防方法。

房水が滞れば、眼圧は上がります。

房水の滞る原因は、様々考えられますが、出来ることの一つが、身体の歪みを解消することです。

そこで今回は、身体、特に顔の歪みにつながる、「編咀嚼」についてお届けします。

人は食事をするとき、無意識に左右の噛む側を使い分けています。

これを「利きあご」または、「偏咀嚼(へんそしゃく)」といいます。

左右の噛みやすい歯で食事を続けると、噛んでいる側のアゴや、アゴを動かすときに使う咀嚼筋は強くなりますが、その反対側の使われない咀嚼筋は弱くなり、アゴにゆがみができてしまいます。

この偏咀嚼の予防方法をご紹介いたします。
 

顔のゆがみをチェックする方法。

偏咀嚼を続けたことでアゴがゆがむと、歯並びは悪くなり顔全体のバランスにも変化がでてきます。

ここでは自分で顔のゆがみをチェックするポイントを解説いたします。

■ 眉の位置や高さが左右で違う
■ 目の大きさがアンバランス
■ 笑ったときの口角の位置がずれている
■ ほうれい線の濃さが左右で違う
■ 片側のエラが張っている

鏡を見て、これらが当てはまるなら顔のバランスが乱れているかもしれません。
 

偏咀嚼が体にあたえる影響とは。

左右どちらかの顎関節や咀嚼筋に偏った力がかかり続けると、顔のゆがみだけでなく、連動している首にも負荷がかかり、体のゆがみを引きおこしてしまいます。

首には重要な神経や血管がありますので、これらにも影響をあたえて数々の体調不良を引きおこしてしまうことになります。

その症状は以下のようなものがあります。

■ 頭痛
■ 肩こり
■ 腰痛
■ めまい・耳鳴り・聴力障害
■ 手足のしびれ
■ 顎関節症
 

顎関節症(がくかんせつしょう)と偏咀嚼。

偏咀嚼が影響する病気に顎関節症(がくかんせつしょう)があります。

顎関節症は咀嚼筋の緊張が原因とされ、口を開くと「カクカク」と音が鳴ることや、口が開けずらく食べものを噛むとアゴが痛くなる症状があります。

顎関節は頭蓋骨とつながっていますので、顎関節症でアゴがゆがむと頭蓋骨もゆがんでしまい、自律神経の乱れを引きおこす原因にもなります。
 

偏咀嚼を予防する方法。

体に不調をもたらす偏咀嚼ですが、どのように予防をすればよいでしょうか?

それは次のような予防方法になります。
 

偏咀嚼を予防する方法1:口腔環境を整える。

偏咀嚼の原因に、歯の痛みや歯が欠けていることから、食べやすい側で食事を続けたことにより習慣になる場合があります。

左右どちらで噛んでも食事ができるように、歯科医を受診して口腔環境を整えましょう。
 

偏咀嚼を予防する方法2:食事の方法を変えてみる。

偏咀嚼の予防には、左右の歯で噛むように意識することが大切です。

右で10回噛んだら左で10回噛むように交互で繰り返します。

これまで使っていなかった歯で噛むことに違和感があるなら、ガムを反対側で食べることを続けると、やがて慣れてきます。
 

偏咀嚼を予防する方法3:歯ごたえのある食材を選ぶ。

やわらかい物ばかり食べていると、噛む回数は少なくなりアゴの力を弱めて顔のゆがみを引きおこします。

食事は根菜類・キノコ類・海藻類・コンニャク・野菜スティックなど、噛みごたえのあるものを積極的に選び、しっかりと左右で噛みましょう。

このように、食べ方を変えるだけでも偏咀嚼は改善されますので、ぜひお試しください。
 

緑内障社長の一言コメント

つい癖で、同じ側(左側)で噛んでしまう傾向にあるので、ガムを使ったアイデアで、右側に慣れようとしているところです。
(追記:ガムで少しは慣れたようで、食事の際にも全体的に噛めるようになったと感じています)


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら