ホットアイマスクの血流改善効果で、緑内障対策。

血流改善とリラックスで緑内障対策
 

リラックス効果による眼圧低下も。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、ホットアイマスクで
 血流を改善して、
 緑内障対策をしましょう。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

ホットアイマスクとは、温めたアイマスクやホットタオルを目の上にのせることで、温熱と蒸気が目の疲れのケアをおこない、リラックス効果が得られる健康グッズです。

市販品から、家庭で簡単に作れるものなど、手軽に使えるホットアイマスクの効果をご紹介いたします。
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 詳しくは、こちら

 

ホットアイマスクの健康効果。

ホットアイマスクには、このような健康効果があります。

■ 目の周辺の筋肉を温めて緊張をほぐす
■ 血行を促して目から全身の血流を改善する
■ 眼精疲労・ドライアイ・かすみ目の緩和
■ 肩こり・頭痛を軽減する
■ リラックス効果
■ 快眠・安眠効果
■ 目のクマを解消する

目に酸素・栄養を届けるのは血液ですので、緑内障対策として、全身や目の周辺の血流を改善するために、ご活用下さい。

またリラックスは眼圧の低下にもつながります。

 

ホットアイマスクの疲れ目ケアとは。

ホットアイマスクをすると、目の毛細血管の血流がよくなり疲れ目やかすみ目が緩和されますが、それだけではありません。

人は目を動かすときに滑車・外転・動眼神経の働きが必要です。

このうち動眼神経は、眼球を動かす運動神経でありながら、副交感神経の役割をもっています。

ホットアイマスクで動眼神経を温めることは、副交感神経の働きを促して体がリラックスできるようになり、自律神経からくる目の疲れもケアします。
 

ホットアイマスクの血行促進とリラックス効果。

ホットアイマスクで目の神経を温めると、副交感神経は血液の循環をスムーズにしますので、目の周辺だけでなく全身の血行を促します。

眠る前にホットアイマスクをおこなうと、血行が改善しリラックスした状態で、質の高い睡眠効果が得られます。

しかし、ホットアイマスクをつけたまま眠ると低温火傷をおこす危険がありますので、外すことを忘れないでください。
 

市販のホットアイマスクの種類とは。

市販のホットアイマスクは大きく分けて3タイプあります。

■ 使い捨てタイプ

袋から出すだけで目にあたる部分が温かくなります。
使い捨てなので、ややコストはかかりますが手軽に使えるところが魅力です。

■ 電子レンジで温めるタイプ

使用前に電子レンジで温めて繰り返し使えます。
約200回使えて経済的です。

■ USB接続タイプ

USB電源に接続して繰り返し使えます。
簡単に温まるところが魅力です。
 

家庭でも簡単に作れるホットアイマスク。

ホットアイマスクは手作りで簡単に始めることもできます。

■ タオルアイマスク

濡らしたタオルを絞り、電子レンジの500~600Wで約1分温めます。

電子レンジから取りだしたタオルを広げて熱を逃がし、38~40℃を目安に熱すぎない温度になったら目の上にのせて約10分温めます。

■ 手作りホットアイマスク

手作りが得意な方は、繰り返し使えるホットアイマスクはいかがでしょうか。

肌触りのよい布を目にあてるサイズにカットして縫い合わせ、中に小豆とラベンダーなどのハーブを入れて縫い合わせます。

電子レンジで約1分温めたものを5分程目の上にのせて使用すると、市販品と同じような効果が得られます。

以上のように、ホットアイマスクは手軽に疲れ目をケアできる健康方法です。

いろんなタイプがありますので、自分にあったホットアイマスクを見つけてください。
 

緑内障社長の一言コメント

血流改善は視神経に良いですし、リラックスすれば眼圧にも良いということで、ぜひお試しください。


今回の内容を、正しく緑内障対策にご活用いただく為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しております。

原因不明の眼病である緑内障に対して、ツボや民間療法も含め、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報を、集め、公開しています。

あえて「雑多」とも感じられるほどの、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、どうご活用いただくべきかについて、当サイトがお勧めする活用方法として、以下の記事にまとめました。

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

眼圧を下げるだけでは、緑内障対策としては不十分です。なぜなら・・・

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧を下げることも含めて、ご自分でできる緑内障対策には、大きく3つの種類があります。

失われた視野は、現時点の医療では取り戻すことができません。
後悔のないように、できることは全てやりましょう。

ご自分でできる3つの緑内障対策について、詳しくは、こちらの記事をお読みください:緑内障に、総合的に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

簡単に目に良いことを継続できる無料メルマガはこちら

当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続することができます。

ご利用は無料。ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら