睡眠の質を高めて、緑内障対策。

目に良い睡眠
 

しっかりとした睡眠でリラックスして、目を休ませ、眼圧を下げましょう。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、睡眠の質を高める
 寝室作りのヒントを
 ご紹介します。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

良質な睡眠は健康を保つためには欠かすことが出来ません。

夜間の睡眠中には、メラトニンをはじめ、成長ホルモンなど多くの種類のホルモンが分泌されて目の細胞が修復されています。

この成長ホルモンが、もっとも多く分泌されるのが、午後10時~午前3時。

この間に睡眠をとることが好ましいとされています。

また、目を休ませるには、睡眠の質も大切です。

質の高い睡眠で、しっかりリラックスすることで、眼圧も下がります。

睡眠の質が悪くなってしまうと、自律神経が乱れ、体が常に興奮した状態になってしまいます。

心身をリラックスさせるためには、しっかり眠れる環境を作る事が大切なのです。

そこで、今回は、睡眠の質を高める寝室を作る方法をお届けします。
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

1. 夏と冬で寝室を移動する。

温かい空気は上昇する性質を持ち、冷たい空気は下降する性質を持ちます。

同じ家の中でも、1階は涼しく、2階や3階は温かい傾向にあるのです。

また方角でも暖かさは変化し、一般的に北側は涼しく南側は温かいと言われています。

夏に暑くて眠れなかったり冬に寒くて眠れない場合は、季節によって寝室を移動すると良いでしょう。

夏は1階の北側で眠り、冬は2階の南側で眠るようにすると、比較的眠りやすい環境を作れます。
 

2. エアコンを使って寝室の温度と湿度を適切に調節する。

とはいえ、寝室を移動する事は難しい!という方も多いと思います。

そこで役立つのがエアコンです。

寝室にエアコンを備え付けて、眠る1時間前と起きる1時間前に最適な温度になるように設定しましょう。

寝室の温度は冬で15度前後、夏で25度前後が理想的です。

特に冬場は、リビングとの温度差がないようにすると眠りやすくなります。

また、湿度も重要な要素です。

加湿器などを使って、50%程度に保つようにしましょう。
 

3. 寝返りを打ちやすくして、寝床内気象を一定に保つ。

寝床内気象とは、いわゆるお布団の中の環境の事です。

寝室の環境も大切ですが、お布団の中の環境も、睡眠に大きな影響を与えます。

特に温度と湿度は重要で、温度は33度前後、湿度は50%前後が、最も睡眠の質を高めると言われています。

人間は寝返りを打つ事で、寝床内気象を一定に保っています。

ですので、重ね着や重たい布団をかぶっていると寝返りがうちにくくなり、寝床内気象は不快な状態になってしまいます。

眠る時は、吸湿・放湿性に優れているシルクや綿のパジャマを着て、布団は軽い物を使うようにしましょう。
 

4. 厚手のカーテンや二重サッシで遮音する。

睡眠の質を高めるためには、音にも配慮する必要があります。

外音がうるさいと、せっかく入眠しても目が覚めてしまいますよね。

寝室は最低でも40デシベル以下になるように工夫しましょう。

40デシベルとはちょうど図書館くらいの静けさです。

遮音性のある厚手のカーテンを使ったり、二重サッシにすると効果的です。
 

5. 暖色系の間接照明を使う。

色や明かりは脳に様々な影響を与えます。

睡眠に適していると言われている色は温かみのある暖色系です。

また明かりはほのかに暗い、ぼんやりと物がある事を識別できる程度の、30ルクス以下の明るさが理想的です。

直接照明よりも、間接照明の方が目に優しく睡眠に入りやすいと言われています。

最後に
寝室にテレビや食べ物を置いて部屋のように使っている方も多いでしょう。

しかし、眠る以外の用途を寝室に作ってしまうと、睡眠の質を低下させる原因になります。

出来るだけ寝室は、「眠るためだけ」の部屋にしてみましょう。

 

緑内障社長の一言コメント

なかなかハードルの高い項目も、実現できる方がいらっしゃる可能性もありますので、一応掲載はしております。ぜひ、ご無理のない範囲で、お試しください。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら