血管の老化を予防して、緑内障対策。

老化予防で緑内障対策
 

人は血管から老いる、という言葉があります。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、血管メンテナンスで
 老化を予防して、
 緑内障対策をしましょう。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

加齢によって、緑内障の発症・進行の確率は上がります。

老化を避けることはできませんが、抗って、その確率を下げたいものです。

そこで、今回注目したいのが、血管です。

昔から、「人は血管から老いる」という言葉があります。

血管は、酸素と栄養素を、体の器官や細胞に運び、不要になった老廃物を回収して体の外へ排出する役割があります。

また、免疫力の働きを助けるとともに、病気など体の異変を教えてくれる情報伝達の役割も担います。

この血管の働きをスムーズに行うために、メンテナンスはとても重要です。
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

血管の老化、動脈硬化とは?

血液がスムーズに流れるためには、血管が健康でなくてはなりません。

しかし、年を重ねると、血管は固くなり弾力性を失います。

硬くなった血管に、コレステロールなどの脂質や石灰分がたまると、血管を狭くして血液の流れを悪くします。

これが「動脈硬化」です。

動脈硬化は血行不良をおこして、酸素や栄養素の流れをじゃまするとともに、老廃物の排除ができなくなり、命にかかわる病気の原因につながることも。

食生活の影響で、早ければ20~30代で動脈硬化は始まります。

血管のメンテナンスは早いに越したことはありません。
 

血管の老化が引き起こす病気は?

血管の老化が引きおこす病気は次のようなものがあります。

■ 脳梗塞
■ 脳出血
■ くも膜下出血
■ 狭心症
■ 心筋梗塞
■ 大動脈瘤
■ 閉塞性動脈硬化症
■ 尿毒症
 

高血圧と動脈硬化の関係。

50代を過ぎると、男女ともに高血圧の割合が増えます。

高血圧は血液の圧力が高まった状態をいいます。

高血圧になると、血管壁は血液の圧力に耐えられるよう厚みを増していきますが、厚みで血管は狭くなり、さらに高血圧をおこして動脈硬化を促進してしまいます。

動脈硬化の原因となる高血圧の予防は、アンチエイジングに大きな影響をあたえます。

加齢を避けることはできませんが、動脈硬化の原因を予防することで、血管の若さを保つことが可能になります。
 

血管の老化を予防する方法とは。

■ 食生活を見直す

高カロリー・高タンパクの食品や塩分のとり過ぎは、血液中に含まれる脂質のバランスが乱れて、高血圧・高脂血症につながります。

肉類に偏らないバランスのよい食事を心がけましょう。

かぼちゃ・ピーマン・人参・ブロッコリーなどの野菜は血圧を下げるとともに、脂質の酸化を防ぐ効果があるといわれます。

その他にも、大豆類やナッツ類には、動脈硬化の予防が期待できます。

■ タバコとアルコールを控える

適度な飲酒はストレス解消になりますが、飲み過ぎると肝臓に負担をかけて、代謝活動が低下します。

タバコは赤血球の酸素運搬能力の低下をまねき、悪玉コレステロールを増加させてしまいます。

タバコと飲酒は動脈硬化の原因になります。

■ ストレスをためない

ストレスがたまると交感神経が活発になり、高血圧になります。

■ 適度な運動を続ける

肥満は高血圧・脂質異常症・糖尿病の原因になります。

これらの疾患は血管にダメージを与えて、動脈硬化の要因になりますので、バランスのとれた食事とウォーキングなどの有酸素運動で、肥満を解消しましょう。
 

緑内障社長の一言コメント

人は血管から老いる。肝に銘じたいですね。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら