玉ねぎの驚きの健康効果。

玉ねぎで緑内障予防
 

血流改善で、視神経を強化しましょう。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、玉ねぎを活用して
 血液をサラサラにすることで
 緑内障を予防しましょう。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

網膜ではつねに、
映像の情報を処理するために、
大量の酸素や栄養素が消費されています。

その酸素や栄養素を運ぶのが、
網膜に流れる毛細血管と、
中を流れる血液です。

また、血流を改善することで、
新陳代謝を活発にすることができ、
視神経の強化につながります。

他にも、血流が改善される事で、うっ血状態を解消したり、体内に溜まった老廃物をスムーズに排出出来るようになります。

そのためには、毛細血管や血液の成分を、
良好な状態に保つことが大切です。

そこで、今回ご紹介したいのが、玉ねぎの血液サラサラ効果です。

季節を問わず食卓で大活躍する玉ねぎには、味覚だけでなく優れた健康効果がたくさんあります。

玉ねぎの血液サラサラ効果・血流改善効果を、ご紹介します。
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

民間療法の治療薬としても利用されている玉ねぎ。

玉ねぎは中央アジア原産のユリ科・ネギ属の野菜です。

玉ねぎは様々な料理に使われるお馴染みの野菜ですが、日本には江戸時代に伝わり、本格的な栽培が始まったのは明治時代になります。

その後、全国に広がり、野菜栽培では大根・キャベツに次ぐ収穫量になりました。

もっとも多く出回っている品種は、辛味のある玉ねぎの「黄玉ねぎ」です。
その他に、甘味がありサラダなど生食に適した「白玉ねぎ」。
3~4月に出荷される早取りの「新玉ねぎ」。
紫玉ねぎとも呼ばれる「レッドオニオン」。
小型の「ペコロス」。
葉も食べられる「葉玉ねぎ」などがあります。

この玉ねぎには、健康効果があるといわれ、古くから世界各地で民間療法の治療薬として利用されてきました。
 

玉ねぎの血液サラサラ効果とは。

玉ねぎには独特の香りと辛みがありますが、玉ねぎを切ると涙が出るのは「流化アリル」という成分の細胞が壊れて空気中に舞い、目や鼻を刺激するからです。

この流化アリルは血液中の悪玉コレステロールを減らして血液の固まりを溶かし、サラサラの状態にします。

さらに、流化アリルは、血管を詰まらせる原因の血栓を防いで血液の流れをよくする効果があります。

血流は改善され、白血球やリンパ球の活動は高まり、効率的に働いて病気などの外敵を退治してくれます。

これにより生活習慣病の予防に、効果が期待されています。
 

玉ねぎに含まれる流化アリルの効果。

流化アリルには血流改善の他にも、次のような健康効果があります。

◇ 消化液の分泌を促し胃腸を整える。
◇ ビタミンB1の吸収を助けて疲労回復。
◇ 不眠を改善しイライラ感を抑える。
◇ 脂肪燃焼と老廃物の排出を促して新陳代謝を高める。
◇ 悪玉コレステロールを減らして動脈硬化予防。
◇ 血栓を防いで脳梗塞・心筋梗塞予防。
◇ 免疫力のNK細胞が活発になりガン予防。

以上のように玉ねぎには、様々な健康効果があるとされています。
 

玉ねぎを効果的に食べる方法。

玉ねぎの健康成分を効果的に得るためには、食べ方に工夫が必要です。

玉ねぎは大きく分けて辛味のある品種と、甘味のある品種の2種類になりますが、流化アリルは辛味品種に多く含まれ、甘味品種には少ししか含まれていません。

血流改善効果には辛玉ねぎを選びましょう。

また、流化アリルは水溶性成分ですので、加熱や水にさらすと成分が失われてしまいます。

生で食べるときは、切ってから15分ほど空気にさらして食べましょう。

加熱の際も、15分ほど空気にさらしてから調理すると、成分が壊れにくくなります。

ぜひお試しください。
 

緑内障社長の一言コメント

玉ねぎを切るときに涙が出る理由の裏に、健康作用が隠れていると思うと、興味深いですね。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら