血流改善には下半身の筋肉がポイント。

スクワットで緑内障予防
 

血流改善で、緑内障の進行予防。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、血流改善に効果のある
 スクワットとカーフレイズ運動を
 ご紹介します。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

網膜ではつねに、
映像の情報を処理するために、
大量の酸素や栄養素が消費されています。

その酸素や栄養素を運ぶのが、
網膜に流れる毛細血管と、
中を流れる血液です。

また、血流を改善することで、
新陳代謝を活発にすることができ、
視神経の強化につながります。

そこで今回は、血流改善に効果のあるスクワットとカーフレイズ運動をご紹介いたします。
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

体温と血流の関係。

通常の人の体温は36~37℃です。

体温が低くなると血液がドロドロの状態になり、血行不良をおこします。

35℃以下では筋肉が硬直を始めてしまい、さらに悪化する状態になります。

低体温と血行不良は同時におきることから、血液が身体に必要な栄養と酸素を運ぶことができなくなり、新陳代謝は低下し免疫力も弱まります。

身体に必要な熱は内臓や筋肉で作られますが、40%以上は筋肉によって生産されます。

血液の流れをよくするためには、定期的に筋肉を動かすことが重要です。
 

下半身の筋肉の働き。

筋肉は糖と脂肪を燃焼することで、エネルギーを生み出しています。

下半身には全体の筋肉の70%があり、どれも大きいため、下半身の運動は効率的に熱を上げる作用があります。
 

加齢とともに減少する筋肉。

体熱の生産に重要な役割をもつ筋肉ですが、毎日動かしているから何もしなくていいというわけではありません。
筋肉は加齢とともに減少するからです。

さらに、筋肉の減少は腕より下半身が早いといわれます。

腕の筋肉が60代でも20代の約85%をキープできることに比べて、下半身は40代で80%に減少してしまいます。

それだけ下半身の老化は早いということになります。

下半身の筋肉の活動は、血管の働きを助けて血流の調整をする役割もありますので、筋肉の衰えは、低体温とともに血行不良の悪化を促進させてしまいます。

成人病や転倒の予防のためにも意識して、下半身の筋肉を鍛えましょう。
 

スクワット&カーフレイズ運動。

下半身の筋肉の運動に、手軽に始められるスクワット&カーフレイズ運動があります。
 

スクワットとは?

スクワットは太もも(大脚四頭筋)、お尻(大殿筋)、太もも裏(ハムストリング)を鍛えます。

インナーマッスルを鍛える効果もありますので、血流改善とともに姿勢もよくなります。

◇ スクワットの方法

1. 両足を肩幅より少し広げて立ち、両手は頭の後ろにおきます。

2. 息を吸いながらゆっくりしゃがみます。その時、胸は前に背筋を伸ばして腰をつき出します。

3. 息を吐きながらゆっくり立ち上がります。

この流れを5~10回を1セットに、1日5セットおこないます。
 

カーフレイズ運動とは?

カーフレイズはかかとの上げ下げ等によって、ふくらはぎを鍛える運動です。

カーフレイズは台を使う方法もありますが、今回は無理なく続けられる運動をご紹介いたします。

スクワットとセットでおこなうと効果が高まります。

◇ カーフレイズの方法

1. 壁に片手をそえて両足を肩幅より少し開いて立ちます。

2. 片手で身体を軽く支えながら、つま先立ちになり、かかとの上げ下げをおこないます。

10~20回を1セットに、1日5セットおこないます。

スクワットとカーフレイズ運動のメリットは、場所をとらず空き時間に下半身の筋肉を鍛えられることです。

ぜひ、お試しください。
 

緑内障社長の一言コメント

先日ウェイトトレーニングをやる機会があったのですが、若い頃やった時と比べて、スクワットで扱える重量が非常に落ちていて、驚きました(少し寂しくなりました)。ベンチプレスのような上半身の筋肉を使うものも、重量は落ちてはいたものの、下半身ほどではなく、意識して鍛えなければいけないのだな、と感じています。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら