オメガ3脂肪酸でアンチエイジング。

アンチエイジングで緑内障対策
 

脳や神経の健康を維持して、緑内障対策。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、オメガ3脂肪酸で
 脳や神経の健康を維持して、
 アンチエイジングに
 取り組みましょう。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

加齢によって、緑内障の発症・進行の確率は上がります。

老化を避けることはできませんが、抗って、その確率を下げたいものです。

アンチエイジングのためには、脳や神経の健康を維持することが大切です。

そこで今回は、脳や神経系の健康を維持する成分として注目されている、オメガ3脂肪酸の健康効果をご紹介いたします。
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

オメガ3脂肪酸とは?

オメガ3脂肪酸とは、DHA・EPA・DPAを含む不飽和脂肪酸の総称です。
これらは身体の細胞膜を構成する成分のひとつ。

北極圏に住むイヌイットの人々が、アザラシなど脂肪を多く含む食事を摂り続けても、心臓・血管系の病気が少ないことに注目し、研究発表された成分です。

脂肪は身体に悪いイメージもありますが、脂肪酸の中には脳神経や視神経に重要な働きをもたらすものもあることがわかりました。

特にオメガ3脂肪酸は、視力や記憶力の維持と向上をサポートする成分として、注目されています。

次に、オメガ3脂肪酸に含まれる、それぞれの成分を見てみましょう。
 

■ DHA(ドコサヘキサエン酸)

脳や神経組織の発育と、機能の維持をサポートする成分です。
 

■ EPA(エイコサペンタエン酸)

血液の粘度を減らしてサラサラにして血流をよくする成分です。
 

■ DPA(ドコサペンタエン酸)

血管に悪玉コレステロールが付着することを防ぎます。
EPAと似た成分ですが、血管にできた傷を治す効果はEPAの10倍以上といわれています。
 

オメガ3脂肪酸の健康効果。

オメガ3脂肪酸には優れた成分が含まれていますが、オメガ3脂肪酸を摂ることで身体にどのような効果があるのでしょうか。

次のような健康効果があるとされます。

◇ 生活習慣病予防
◇ 血流改善
◇ ドライアイ・眼精疲労の改善
◇ 認知症予防
◇ 記憶力・学習能力の向上
◇ 加齢黄斑変性症の予防
◇ 中性脂肪を下げる
◇ コレステロール値を下げる
◇ 動脈硬化・心筋梗塞予防
◇ 脂肪肝予防
◇ 高脂血症予防
◇ アレルギー抑制
◇ うつ症状の軽減
◇ 皮膚のしわやたるみを予防

このように、オメガ3脂肪酸には数々の健康効果がある優れた成分です。

脳や視神経の働きを向上させることは、アンチエイジング効果に大きな期待ができます。
 

オメガ3脂肪酸を含む食材とは?

日常の食生活の中では、どのようにオメガ3脂肪酸摂取すればよいでしょうか?

オメガ3脂肪酸を含む食材には、次のようなものがあります。

◇ イワシ
◇ サバ
◇ サンマ
◇ サーモン
◇ アジ
◇ クルミなどのナッツ類
◇ エゴマ油
◇ 亜麻仁油
◇ シソ油
 

オメガ3脂肪酸の摂取上の注意。

厚生労働省はオメガ3脂肪酸の1日の摂取量は1000mg以上を推奨しています。

しかし調査では、どの年代も摂取量に足りておらず、特に10代~40代では、1日に500mg以下の摂取量といわれ、慢性的にオメガ3脂肪酸不足です。

日ごろ、お肉を食べることが多い方は、ぜひお魚のメニューも取り入れてみてください。
 

緑内障社長の一言コメント

脳は生命の維持だけでなく、思考・感情や神経活動の中心となる重要な器官です。加齢により脳内活動にも変化がでてきますが、オメガ3脂肪酸を積極的にとって、健康を維持していきたいですね。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら