黒酢で血液サラサラに。

黒酢で緑内障対策
 

血流を改善して、緑内障対策。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、黒酢をうまく活用して
 血流を改善し、緑内障対策に
 つなげましょう。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

網膜ではつねに、
映像の情報を処理するために、
大量の酸素や栄養素が消費されています。

その酸素や栄養素を運ぶのが、
網膜に流れる毛細血管と、
中を流れる血液です。

また、血流を改善することで、
新陳代謝を活発にすることができ、
視神経の強化につながります。

他にも、血流が改善される事で、うっ血状態を解消したり、体内に溜まった老廃物をスムーズに排出出来るようになります。

そのためには、毛細血管や血液の成分を、
良好な状態に保つことが大切です。

血流の改善に活用したいのが、黒酢です。

黒酢は、米や玄米を原料に作られ、長期間に渡ってじっくり発酵させる事で黒褐色に変色します。

しっかり熟成された黒酢には豊富な栄養素が含まれており、毎日摂取する事で、血流改善効果や代謝促進など様々な効能を得る事が出来ます。

今回は、黒酢の適切な摂取方法や効果についてお伝えいたします。
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

1. 黒酢に含まれる成分

黒酢には健康に良い成分がたっぷり含まれています。

・ 必須アミノ酸

アミノ酸は細胞を作り出したり代謝を行う上で必要不可欠な成分です。

特に必須アミノ酸と呼ばれる9つのアミノ酸は体内で作ることが出来ないので、食物から摂取する必要があります。

黒酢にはこの必須アミノ酸が8種類も含まれています。

・ 酢酸

黒酢はお酢の一種なので、もちろん酢酸を含有しています。

酢酸は体内でクエン酸に変換され、代謝経路を活性化させたり、疲労物質である乳酸を分解する働きがあります。

・ 有機酸

黒酢には、酢酸の他にリンゴ酸やフマル酸、コハク酸などの有機酸も豊富に含まれています。

有機酸は腸内をキレイに整えてくれる作用や、カルシウムの吸収をサポートしてくれる作用を持っています。

・ ビタミンB群

黒酢はビタミンも豊富に含みます。

特に脂質代謝に欠かせないビタミンB群を、多く含有しています。

・ ミネラル

ミネラルは体内では作れないため、食事から摂取する必要があります。

生命を維持するためには、様々な酵素反応が行われる必要があるのですが、ミネラルは酵素反応を行う上で欠かせない成分です。

黒酢にはこのミネラルも豊富に含まれています。
 

2. 黒酢の効果

豊富な栄養素を含む黒酢は、人体に様々な恩恵を与えてくれます。

次に、黒酢を飲む事で得られる健康効果を、ご紹介いたします。

・ 血液サラサラ効果

黒酢に含まれる酢酸は体内を弱アルカリ性に保ち、ドロドロ血液をサラサラにしてくれる効果があります。

また、毛細血管の血流を改善する働きも持っています。

・ 代謝の活性化

アミノ酸や酢酸、ビタミン、ミネラルなど、黒酢には代謝を活性化させる栄養素が、豊富に含まれています。

代謝を活性化させる事で、全身の循環をスムーズに動かす事が出来ます。

・ 血栓防止効果

アミノ酸には、脂肪分解酵素であるリパーゼの働きを高める作用があります。

また、過酸化脂質の生成を抑制する働きもあるため、血管内に血栓が生じにくくなります。

血栓による血行障害や動脈硬化を事前に防止する事が出来るのです。

・ 整腸作用

黒酢に含まれる有機酸には、腸の中をキレイにする作用、腸の運動を刺激する作用があります。

腸内がキレイになる事で、免疫向上や便秘解消、自律神経の正常化、代謝や血流の促進など様々な2次的効果が得られます。
 

3. 黒酢の摂取方法

黒酢健康法のやり方は非常に簡単です。

毎日15~30mlの黒酢を、水や牛乳などで6倍程度に希釈して飲用します。

飲むタイミングは、食後がベストです。

黒酢は刺激が強いので、空腹時に飲用すると腹痛を引き起こしてしまうので注意しましょう。

飲むのが苦しい時は、サラダなどにかけて食べても大丈夫です。

甘さを足したい時は、ミネラルが豊富なハチミツを加えるようにしてください。

入浴後に摂取すると、より高い効果を引き出す事が出来ます。
 

4. 黒酢健康法の注意点

黒酢は酸を含むため、歯を酸蝕歯にしてしまう危険性があります。

ですので、黒酢を飲んだ後は口を水ですすぎ、30分以上経ってから歯磨きをするようにしてください。

また、胃腸の弱い方は腹痛になる可能性があるので、少しずつの量から飲用を始めて体を慣らしていきましょう。

最後に
黒酢は健康に良い成分を豊富に含んでいます。

特に血液をサラサラにして血流を改善してくれる働きに優れています。

味は苦手な方も多いですが、ハチミツや牛乳を上手く利用すれば美味しく飲用する事が出来ます。

是非あなたの日常生活に黒酢を取り入れてみてください。
 

緑内障社長の一言コメント

黒酢はカルシウム等、ミネラルやビタミンの吸収を促進する効果もあるそうです。ご無理のない形で、ぜひ取り入れてみてください。私自身は、牛乳に混ぜて飲んでいます(固まりますので、まぜてすぐ飲んでいます)。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら