緑内障の発症確率は加齢で上がります。

アンチエイジングで緑内障対策
 

えごま油でアンチエイジング!

■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、えごま油で
 アンチエイジング。
 加齢によって発症確率が上がる
 緑内障に対抗しましょう。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

加齢によって、緑内障の発症・進行の確率は上がります。

老化を避けることはできませんが、抗って、その確率を下げたいものです。

老化は、
細胞の酸化によって促されます。

その酸化の原因となる主なものが、
活性酸素です。

(他にも紫外線、排気ガスなどの
有害物質によって細胞が酸化されます)

老化現象自体は誰にでも起こるものです。

しかし、緑内障の進行を抑えるために、
老化の速度を遅らせたいものです。

高いアンチエイジング効果とダイエット効果で注目を集めているのが、えごま油です。

現在、食生活における「油」の重要性が再認識され始めています。

えごま油にはオメガ3系と呼ばれる青魚で有名な脳の健康に欠かせない脂質が豊富に含まれています。

今回は、えごま油がどうして健康に良いのか、効果的な摂取方法とともにお伝えいたします。
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

1. えごま油の効果

えごまとは、韓国などでよく食べられているシソ科の植物で、独特の風味を有しています。

えごま油は、えごまの種子を搾って得られる油を指します。

えごま油を摂取する事で得られる効果は、

「抗酸化作用」
「コレステロール値の低下」
「血液サラサラ効果」
「認知症予防」
「血糖値の上昇抑制」
「ダイエット効果」

の6つが挙げられます。

これらの基本的効果から派生する形で、動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病の改善・予防にも繋がります。

えごま油が多様な健康効果を示すのには、

「α-リノレン酸」
「ロズマリン酸」
「ルテオリン」

の3種の成分が深く関与しています。

以下にそれぞれの成分の詳細と効果についてご説明します。
 

・α-リノレン酸

α-リノレン酸はオメガ3系とよばれる油の一種で、必須脂肪酸に分類されます。

体内に入ると、皆さんもよくご存知のEPAとDHAという成分に変換されます。

このEPAとDHAは、血中に溜まっている悪玉コレステロールを排出し、血液をサラサラにする効果を有しています。

血液がサラサラになる事で、脳へ送られる栄養分が増え、脳の神経細胞が活性化します。

脳の神経細胞が活性化する事で、認知症やうつ病の改善・予防効果を得られるのです。

また、血流が改善する事で、動脈硬化や高脂血症、糖尿病などのリスクを低下させられます。

えごま油の油分の60%はα-リノレン酸から構成されていると言われているんですよ。
 

・ロズマリン酸

ロズマリン酸とは、ポリフェノールの一種です。

血糖値上昇を抑制する効果を持っており、インシュリンの分泌を抑える事ができます。

インシュリンは体内に脂肪を蓄える作用があるため、インシュリンの分泌抑制効果で、糖質が脂肪に変換されにくく、体脂肪がつきにくい体質になれるのです。
 

・ルテオリン

名古屋市立大学の研究チームによって明らかにされたのが、ルテオリンの効果です。

ルテオリンとは、抗酸化作用を持つポリフェノールの一種です。

ルテオリンは抗酸化作用から得られる老化防止効果だけではなく、肝硬変などの原因にもなる脂肪肝を予防する効果があると報告されています。
 

2. 摂取方法

えごま油の一日の摂取目安量は、大さじ1杯です。

EPAとDHAの健康効果を得るためには、一日あたり2g摂取する事が推奨されているのですが、これに相当するえごま油の量が大さじ1杯なのです。

また、注意してほしいのが、摂取方法です。

えごま油は必ず、熱を通さずに摂取してください。

熱を通してしまうと、栄養素が壊れてしまいます。

脳神経細胞同士の伝達を活性化するタンパク質と一緒に摂取すると、より高い効果を得る事ができます。

アンチエイジングを目的に摂取する場合は、体が酸化しやすい、朝に食べるようにすると良いでしょう。

最後に
EPAとDHAは青魚からも摂取できますが、2g摂取するためには、魚を半尾は食べなければなりません。

この事を考えるとたった一匙で有効量を摂取できるえごま油は、とても便利ですよね。

卵かけご飯に入れたり、鶏胸肉にかけて食べるなど、加熱しないでタンパク質と一緒に摂るようにしてくださいね。
 

緑内障社長の一言コメント

卵かけご飯と一緒に試しています。手軽にできますし、美味しいです。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら