緑内障対策第一の柱:リラックス・歪みの解消。

眼圧低下と緑内障
 

なぜリラックスすること、歪みを解消することが緑内障対策に効果的かご紹介します。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

 どちらも眼圧低下に役立つ
 可能性が高いからです。

■━━━━━━━━━━━━━━━■
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

ストレスは多くの病気の憎悪因子。

ストレスが多くの病気の
発症の引き金となったり、
憎悪因子(状態を悪化させるもの)
となったりすることは
よく知られています。

緑内障に関しても、
ストレスが何らかの影響を
及ぼしていると考えられますし、
少なくとも眼圧は上がります。
 

ストレスがなぜ眼圧を上昇させるのでしょうか。

ストレスの元となるのは
交感神経の緊張です。

人間関係や仕事の疲れなど、
心と体の両面が
ストレスの原因となりえます。

ストレスを感じて
交感神経が過剰に働くと、
アドレナリンの作用が強くなり
血管が収縮します。

その結果、血流障害がおこり
眼筋や視神経に影響して
房水の流れが悪くなり
眼圧は上昇します。

そのため、眼圧はイライラしたり、
興奮するだけでも上がります。
 

房水の流れも眼圧に影響します。

緑内障の大きな原因となる
眼圧の上昇ですが、
房水の流れがスムーズでないと、
眼圧は上がりやすくなります。

房水とは、眼圧を一定に保ち、
眼球に栄養や酸素を供給する
透明な液体のことです。

この房水、役目を終えると、
隅角という場所から
静脈に排出されます。

しかし、
眼球の分泌物が隅角に詰まると、
房水が出口をなくしてしまいます。

房水が流れやすい、
つまりにくい体質作りには、
身体のゆがみをとると良い
と言われています。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら