骨盤の歪みを予防・改善して、緑内障対策。

骨盤歪み解消で緑内障対策
 

身体の中心の重要な骨盤の歪み予防と改善方法をご紹介します。

本日は、歪み解消方法として、骨盤の歪みの予防と改善方法をご紹介します。
なぜ、歪み解消が緑内障対策につながるのかは、以下の記事をご覧ください:
なぜリラックス・歪みの解消が緑内障対策につながるのか
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

骨盤の歪み予防と改善方法

骨盤は身体の中心で身体を支えてくれる重要な骨です。
骨盤の歪みは身体に様々な悪影響をあたえることになりますので、骨盤の歪み予防と改善方法をご紹介いたします。
 

骨盤の歪む原因とは?

骨盤とは腰の骨部分の総称です。
骨盤は全身を支える土台としての役割があり、骨盤の歪みは多くの体調不良をもたらします。

その原因には、加齢、筋力の低下、歩き方、女性では出産による骨盤の緩み、などがありますが、気づかぬうちに繰り返す癖にも骨盤を歪ませる原因はあります。

たとえば:
◇ 足を組んで座る
◇ いつも同じ側の肩にカバンをかける(手に持つ)
◇ 頬杖をつく癖がある
◇ 食事の時に片側だけで噛む偏咀嚼

多くの人がついやってしまう日常動作も、長く続けると骨盤の歪みを引きおこしてしまう要因になってしまいます。
思いあたる人は注意してみてください。
 

骨盤が歪むとどうなる?

それでは、骨盤が歪むと体にはどのような影響があるでしょうか。

◇肩こり・頭痛

骨盤のズレは筋肉を引っぱることになり血行不良をおこします。
それにより疲労物質がたまり肩こりや頭痛になります。

◇冷え性

骨盤の歪みにより筋肉の緊張は高まり、胃腸の働きが悪くなります。
内臓の血流は滞り全身の冷えにつながります。

◇筋力の低下

骨盤の歪みは体幹部の筋肉が使われなくなり筋力は低下します。

◇便秘になる

骨盤が後ろに傾いていることで股関節を圧迫。内臓に負担がかかり便秘になります。

◇太りやすくなる

姿勢が悪くなり腹回りから太ももにかけて脂肪がつきやすくなります。
 

骨盤の歪みチェック方法

骨盤の歪みは自分ではなかなか判断がつかないものですよね。
簡単にできるチェック方法はこちらになります。

◇目をつぶって片足で10秒立ってみる

10秒キープできない場合は歪んでいる可能性があります。
左右両方を確認してみましょう。

◇目を閉じて足踏み

床に目印をつけて、目を閉じたまま50回足踏みをします。
骨盤が歪んでいると、骨盤がズレた方向に足を出してしまい目印から離れます。
 

簡単にできる骨盤ストレッチ

骨盤チェックで歪みが見つかったら、ストレッチで改善してみましょう。

【骨盤回し】

1. 腰に手を当て足は軽く開いて立ちます。
2. 骨盤を前後に動かします。(8回)
3. 骨盤を左右に動かします。(8回)
4. 骨盤を右回し・左回し(それぞれ8回)
5. 最後に骨盤で8の字を書くように回します。

【上半身を前後に倒すストレッチ】

1. 足を肩幅に開いて立ちます。
2. ゆっくり上半身を前に倒します。
3. 上半身をもとの位置に戻します。
4. 腰に手を当て上半身をゆっくり後ろにそらします。

1~4の動きを10回繰り返します。
 

骨盤の歪み予防

骨盤のゆがみは日ごろから正しい姿勢を心がけることが大切です。

歪みを起こす習慣に気をつけて、左右の傾きがある方は身体の重心を真ん中でキープするようにしてください。
インナーマッスルを意識しながら姿勢よく、いつもより大きめの歩幅で歩いてみると予防につながります。

ぜひ、お試しください。
 

緑内障社長の一言コメント

個人的には骨盤回しが非常に効果があると感じています。何となく体の調子が悪いときなども、骨盤を回すとすっきりします。ぜひお試しください。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら