緑内障対策に、内臓冷え性を予防しましょう。

緑内障のためのチェック
 

血行を改善して、緑内障対策。

本日は、血流改善による緑内障対策の一環として、内臓冷え性対策についてご紹介します。
なぜ、血流改善が緑内障対策につながるのかは、以下の記事をご覧ください:なぜ血流改善が緑内障対策につながるのか
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

内臓冷え性対策

血液が全身をスムーズに流れることは健康な体の必須条件です。

手足の冷えは血行不良を自覚できますが、気づかない部分でも身体の冷えは起きています。

今回は、内臓冷え性の対策方法についてご紹介いたします。
 

内臓冷え性とは?

内臓冷え性とは、身体の血液が内臓まで十分に届いていない状態です。

人間は約36.5℃の平熱で体内の酵素がもっとも活性化しますが、体温の低下は血行不良だけでなく、基礎代謝と免疫力の低下にもつながります。

内臓冷え性は身体の内部だけに、自覚症状を感じにくい血行不良の症状です。
 

内臓冷え性になるとどうなる?

それでは、内臓冷え性になると身体にはどのような影響があるのでしょうか?
身体に現れる症状には、次のようなものがあります。

◇血行不良

胃腸や筋肉が冷えて血液循環は悪くなります。

◇腸の機能低下

腸が冷えると消化吸収の作用は弱まり、便秘や下痢を繰り返します。
また、腸管免疫は低下し、風邪をひきやすくアレルギー症状が起こりやすくなります。

◇胃の機能低下

胃がもたれやすく機能性胃腸障害をおこします。

◇脳の機能低下

身体の血流が悪くなり脳まで冷えると、機能は低下して集中力・思考力は弱まり体のだるさを感じます。

◇腎臓の機能低下

膀胱炎や目の下のクマ。抜け毛が増えます。

このように、内臓冷え性は様々な体調不良をおこす原因になっているのです。
 

内臓冷え性チェック方法

自覚症状の少ない内臓冷え性ですが、次の項目に当てはまるものがあれば、内臓冷え性の可能性があります。

□ 寒さを感じて厚着をしても冷えを感じる
□ 風邪を何度もひいてしまう
□ お腹を触ると冷たい
□ 胃腸が弱く下痢や便秘をおこしやすい
□ 平熱が低い(脇の下に10分挟んで測った体温が36.2℃以下は内臓冷え性の可能性あり)
 

内臓冷え性を予防改善する方法

身体に様々な不調をもたらす内臓冷え性を予防・改善するためには、身体の内側と外側両方からのケアが必要になります。

■ 体の内側ケア

◇ 冷たい飲み物や食べ物を摂る量を減らして、常温か温かいものを食べるようにする。

◇ 身体を温める効果のある、タンパク質・根菜類・ショウガ・唐辛子などを積極的に摂り、バランスのよい食事を心がける。

◇ 生活リズムを整えてストレスを溜めない。自律神経の乱れは内臓冷え性の原因になります。

■ 体の外側ケア

◇ ウォーキングやストレッチなど、ゆっくり体を温める運動をする。

◇ お風呂はシャワーで済まさず、39~40℃の温度に15分以上浸かる。

◇ おへその下の丹田や、腰上の仙骨、背中の肩甲骨にカイロを貼って温める。

◇ 下着や靴下、腹巻きなどで下半身を温めるようにする。

内臓冷え性は季節を問わず身体におこる症状です。

内臓冷え性のチェック項目に当てはまる方は、ぜひ予防改善の方法をお試しください。
 

緑内障社長の一言コメント

身体の内側ケアは、わりとできていたのですが、ストレッチ等、外側ケアの習慣がなく、生活習慣を見直すきっかけとなりました。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら