肩と首の筋肉をほぐす簡単ストレッチで緑内障対策。

首肩をほぐして緑内障対策
 

肩・首回りの緊張は、脳貧血の原因にもなるほど、血行不良の原因となります。

頭痛やめまい、目のくまに悩まされていませんか?
もしかすると、脳に十分な血液が行き渡っていない可能性があります。

脳貧血は自律神経の乱れが深く関係していますが、肩や首周辺の筋肉の緊張も大きな原因の一つとなっています。

脳への血液は首を通して運ばれますが、肩と首周辺の筋肉が硬直していると、血行不良が起き、脳へ十分な血液が運ばれなくなるのです。
今回は、脳貧血の原因にもなる肩と首のこりをほぐす簡単なストレッチ方法をご紹介いたします。

なぜ、血流改善が緑内障対策につながるのかは、次の記事をご覧ください:なぜ血流改善が緑内障対策につながるのか
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

1. 腕振りストレッチ

腕振りストレッチは、首周辺の主に後頸筋(こうけいきん)という筋肉を伸ばしてほぐす効果があります。

後頸筋は頭を支える筋肉ですので、緊張して疲労が溜まりやすいと言われています。

この筋肉を効率よくほぐしてあげる事で、脳への血流が改善し、頭痛などの症状を緩和する事ができます。
 

腕振りストレッチの方法。

・正面を向いて背筋を伸ばして立つか、足を床につけて椅子に直角に座ります。

・両腕を胸の高さまで持ち上げ、脇を左右に開いて軽く肘を曲げてください。

・頭を正面に向けたまま動かさず、背筋を軸に水平に両腕を振って肩を回転させます。

・左右の肩を交互に前に突き出すようなイメージで行いましょう。

・2分間この運動を続けてください。
 

2. 肩回しストレッチ

次は、肩から肩甲骨にかけて覆う僧帽筋(そうぼうきん)という筋肉をほぐすストレッチです。

肩甲骨から肩にかけての背中側の筋肉が緊張して硬くなると、首へ供給される血液量が減少し、結果として脳の血液不足を引き起こします。

肩こりを放置していると、血流が滞り、さらに肩こりが悪化するという悪循環にはまってしまいます。

デスクワークなどをしている方は、仕事の合間に以下にご紹介する肩回しストレッチを行い、筋肉が長時間緊張しないように気をつけましょう。
 

肩回しストレッチの方法。

・おへその下に力を入れて背筋を伸ばして立ちます(座ったままでも結構です)。

・両肘を腰の位置で軽く曲げてください。

・その状態からお腹側から頭上を通って背中側へと肩を大きく回します。

・肘が体の外側を大きな円を描くようなイメージで行いましょう。

・肘を腰の位置に戻します。

・次に、背中側から頭上を通ってお腹側へと肩を先ほどとは逆回転に回します。

・今度は肘が内側に向くようなイメージで行います。

・一回あたりこのセットを6回繰り返しましょう。

最後に
今回ご紹介したストレッチは2つとも筋肉の緊張を解くための体操なので、力まずリラックスした状態で行ってくださいね。

とても簡単にできるストレッチですので、数時間おきに行って、肩と首のこり予防としても活用してください。
 

緑内障社長の一言コメント

どちらも座ったままできますので、仕事の合間に思い出した時にやるようにしています。肩周りがすっきりしますので、ぜひお試しください。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら