カイロの貼り方ひとつで、効果が大きく変わります。

カイロで緑内障対策
 

血行改善して、緑内障対策。

カイロは手軽に使える、冷え解消グッズですが、どこに貼っても温め効果は同じというわけではありません。
本日は、血行改善に役立つ、カイロで効果的に身体を温める貼り方をご紹介します。
なぜ、血流改善が緑内障対策につながるのかは、次の記事をご覧ください:なぜ血流改善が緑内障対策につながるのか
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

冬は血行不良をおこしやすい季節

冬になると肩こりや腰痛がひどくなる人は多いですよね。
これは身体の芯が冷えることによる血行不良が原因です。

寒い季節は気温の低下や、風など外的要因で体温が奪われます。
血流悪化は内臓も冷やして機能は低下し、免疫力も弱まることで体調不良をおこしてしまいます。
体温は1℃下がっただけでも、元に戻すことは簡単ではありません。
寒い季節の外出やスポーツ観戦、外での作業などはしっかり冷え対策をしておきましょう。
 

身体を温めるカイロを貼るポイント

今回は貼るタイプのカイロを使ったポイントをご紹介いたします。
次のような位置にカイロを貼ると効果的に身体を温めることができます。
 

◇首の後ろ(風門)

首を前にまげると、つけ根に出てくる骨の少し下に風門はあります。
この位置にカイロを貼ると冷えを改善して血流を促します。
また、東洋医学では風門から風邪が入るといわれており、カイロで温めると風邪のひき始めに改善効果があるとされます。
ただし、頭がズキズキと痛む偏頭痛のときはお控えください。
 

◇背中の中央(肩甲骨の間)

肩甲骨の間にカイロを貼ると、肩周りから手足まで全身の血行がよくなります。
肩の筋肉がほぐれて肩こりを緩和する効果もあります。
 

◇下腹部(丹田)

おへその下に手をあてて、指4本分下の位置が丹田になります。
この位置に貼ると内臓を温めて働きを促し、血流改善と基礎代謝を高めて体温は上がります。
 

◇お尻の上(仙骨)

お尻の上にある逆三角形の形をした骨の位置です。
仙骨の内側には骨盤内臓神経という副交感神経があり、この位置にカイロを貼ると内臓が1℃上がるといわれます。
下半身の冷えを解消する効果があります。
 

◇足の裏

足の先は自分の力で温かくなることができません。
寒い日の外出には、靴下や靴の中に貼るタイブのカイロを利用すると冷え対策になります。
 

カイロを貼る時の注意点

簡単に身体を温めることのできるカイロですが、誤った使い方をすると低温火傷や体調不良の原因になります。
次の点には十分に注意をしてください。

■やってはいけないカイロの貼り方

◇肌に直接カイロを貼る
◇カイロを貼ったまま寝てしまう
◇カイロと暖房器具を併用する
◇頭部や脇の下、心臓付近に貼る

使用前にはパッケージの注意書きを必ず確認してくださいね。
 

使いかけのカイロを長持ちさせる方法

基本的には、貼るタイプのカイロは使い捨てになります。
しかし、一日中使う必要がなければ、また次の日に使えると嬉しいですよね。
そんな使いかけのカイロを長持ちさせる方法があります。
小さめのフリーザーパックに使いかけのカイロを入れて、空気を抜いてから密封しておくと、一時的に休止させて、またカイロを使うことができます。
ぜひ、お試しください。
 

緑内障社長の一言コメント

貼る場所ひとつで効果が変わるのであれば、場所には注意を払いたいですね。フリーザーバッグの活用もぜひお試しください。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら