緑内障対策に、質の高い睡眠。

目に良い睡眠
 

入眠効果の高い音楽とは。

良質な睡眠は健康を保つためには欠かすことが出来ません。

夜間の睡眠中には、メラトニンをはじめ、成長ホルモンなど多くの種類のホルモンが分泌されて目の細胞が修復されています。

この成長ホルモンが、もっとも多く分泌されるのが、午後10時~午前3時。

この間に睡眠をとることが好ましいとされています。

また、目を休ませるには、睡眠の質も大切です。

しかし、ストレス社会の中では、筋肉の緊張状態がとれず、不眠になってしまう事が多々あります。

不眠を打破し、質の良い睡眠をとるためには、睡眠前に、体をリラックス状態にする事が大切です。

そこで、入眠効果の高い音楽の活用方法をご紹介します。

音は基本的に脳を覚醒してしまい、睡眠の妨げとなります。

しかし、世の中にたくさん睡眠専用の音楽が販売されているように、音楽の種類によっては、入眠に誘いやすい環境を作ってくれます。

どうして音楽には入眠効果の高い物があるのでしょうか?
音楽の入眠効果と選び方、正しい利用方法についてお伝えいたします。

リラックスすることで、眼圧も下がりますし、入眠しやすくなりますので、まさに一石二鳥です。

(なぜ、リラックスが緑内障対策につながるのかは、次の記事をご覧ください:なぜリラックス・歪みの解消が緑内障対策につながるのか
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

1. 音楽で脳波が切り替わる!

人が眠りに入るためには、自律神経を副交感神経に切り替えて、体をリラックス状態にする必要があります。

実は、音楽の中には、体をリラックス状態にする効果が期待できる種類があるのです。

人は、活動している時、脳波がβ波になっています。
β波になっている時は、脳が興奮している状態なので、眠りに入れません。

しかし、リラックスを感じると、脳波はα波に切り替わり、眠りを誘いやすい状態になるのです。

音楽は通常、耳の神経を刺激するものですので、脳を興奮状態にしてしまいます。
けれど、ある種類の音楽は、脳波をα波に切り替えやすく、心身をリラックス状態にする効果が確認されています。
音楽は直接眠りに関与する訳ではなく、脳波をα波に切り替え、リラックス状態にする事で、眠りやすい環境を提供してくれるのです。
 

2. 入眠効果の高い音楽の特徴

音楽なら何でも入眠効果があると思い、好きな音楽を寝る前に聞いていませんか?
それは、NGです。

好きな音楽だからこそ体がリラックス状態になっているというのは、勘違いで、実は脳は余計に覚醒してしまいます。
お気に入りの音楽は「もっと聞きたい」と聞き入ってしまうため、脳の神経が興奮状態になってしまうのです。

α波を出すためには、脳の活動を抑えて、刺激が少ない環境を提供してくれる音楽が必要なんですよ。

そのためには、以下の条件を満たしている必要があります。

・ 一定で単調な音楽である
・ 静かで落ち着いた音楽である
・ 歌詞が入っていない
・ 音の高低差が少ない音楽である

つまり、自然音や落ち着いたクラッシックなど、ごちゃごちゃしておらず、展開があまりない音楽が入眠に相応しいのです。

また、歌詞がある音楽は、無意識化で言語を認識しようと脳が活動してしまうため、眠りには逆効果になってしまいます。
 

3. 音楽で眠りにつくための正しい活用方法

音楽に入眠効果があるからといっても、眠っている時に音楽を流すのは逆効果です。

音楽はあくまでも入眠を誘う物であり、睡眠を継続させる物ではありません。
そのため、眠っている時に音楽をかけっぱなしにしていると、音自体が睡眠の邪魔になり、眠りを浅くしてしまいます。

音楽を利用する時は、眠る30分~1時間前にし、タイマーなどをセットして、音楽が止まるようにしておきましょう。

音量も大きすぎると、脳を覚醒してしまいます。
心身をリラックス状態にするには、40デシベル以下の図書館のような静かな音量で聞くようにしてください。

最後に
お気に入りの音楽を聞くのは、ストレス発散になりますが、眠りに使うとなると問題になります。

入眠目的で音楽を聞く場合は、脳に刺激を与えない音楽が最適なのです。
なかなか寝付けないという方は、副交感神経への切り替えがスムーズに行えていない可能性があります。
音楽を利用して、リラックスしやすい環境作りに挑戦してみてくださいね。
 

緑内障社長の一言コメント

バリ島の自然の音を収録したCDがお気に入りです。機会があれば、ぜひお試しください。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら