血流改善に効果のある温性食品の5つの見分けポイント

血流改善で緑内障対策
 

食性という東洋医学の考え方をご存知でしょうか?

体を冷やす物や体を温める物など、食材は「熱性」「温性」「平性」「涼性」「寒性」の5つの性質に分ける事ができます。

体を温める温性や熱性の食品を積極的に摂る事で、体の深部を温め、血流を改善する事ができるんですよ。
今回は、体を温める温性食品の見分け方をお伝えいたします。
(なぜ、血流の改善が緑内障対策につながるのかは、次の記事をご覧ください:なぜ血流改善が緑内障対策につながるのか

(こちらもご参照ください:緑内障に良い栄養27を含む食べ物・食事をまとめました
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

1. 五性とは?

東洋医学では、人体を温めるか冷やすかという視点の元、食べ物を5つの性質に分け、体調に応じて摂取する食材を選択します。

体を温める食材は「熱性」と「温性」で血行を改善する効果があります。

体を冷やす食材は「寒性」と「涼性」で鎮静・消炎効果を得る事ができます。

「平性」は、熱に関して中間的な食材を示し、人体に穏やかに作用します。

冷え症やむくみに悩んでいる方は、積極的に熱性または温性の食品を摂取して、血行を改善する必要があります。
 

2. 温性(熱性)食品の見分け方

それでは、体を温める食材である温性または熱性の食品にはどういう物があるのでしょうか?

実は、温性(熱性)食品には、見分けるポイントが5つ存在しています。
以下にその詳細をお伝えいたします。
 

寒冷地または冬場に育つ物

見極めポイントの一つ目は、原産地と育った季節です。

温性の食品は、寒冷地で育ったり、冬場に旬を迎える食材に多く存在します。

熱帯地域で生活している人は体温調節のために、体を冷やさなければならず、逆に寒冷地に住んでいる人にとっては体を温める事が何よりも必要とされます。
その産地や季節で多く食べられる物は、体温調節で必要とされる性質を持ち合わせているのです。

具体的には、りんごやぶどうなど寒冷地を原産にしている物は体を温め、バナナやすいかなど熱帯地が原産の物は体を冷やします。
 

色が濃い物

色の濃淡も、食性を知る一つの目安になります。

一般的に、黒や赤、オレンジなど色の濃い食材は体を温める性質を持っています。
一方で、白や青、緑などの色の淡い食材は体を冷やす性質を持っています。

例えば白砂糖は体を冷やしますが、黒砂糖は体を温めます。
お酒では、白ワインよりも赤ワインの方が体を効果的に温めてくれるのです。

主食の米に関しても同様で、精米した白米よりも、茶色が残っている玄米の方が体を温める性質を強く持っています。
 

地下で育つ物

食材が実る場所によっても食性を知る事ができます。

具体的には、地上にできるか地下にできるかで判断します。

じゃがいもやごぼうなどの根菜類は、地下にでき、エネルギーを内に溜め込んでいるので、効果的に体を温めてくれます。
一方で、トマトやレタス、キュウリなどは、地上にでき、熱を外から得ようと太陽に向かって成長するため、体を冷やす性質を持っています。
 

硬い物

体内に溜まった水分や油分は内臓を冷やします。
そのため、水分や油分の量が少ない、硬い食べ物は、温性の傾向があります。
逆に、水分や油分の量を多い、柔らかい食べ物は、体を冷やす傾向にあるのです。

白米やうどんよりも硬い玄米や蕎麦の方が体を温める性質を持ち、同じ野菜でも水分量が多いトマトや茄子は体を冷やしますが硬い人参やごぼうなどは体を温めてくれます。
 

発酵している物

通常ならば涼性や寒性の食材でも、発酵させる事で、温性に変化します。

分かりやすいのが、お茶です。
同じ茶葉を使っていても、発酵させない緑茶は体を冷やします。
一方で、茶葉を発酵させて作られる紅茶は体を温める性質を持っているのです。

最後に
冷えやむくみなど血行不良のサインを感じた時は、寒性や涼性の食べ物を控え、熱性や温性の食べ物を積極的に摂取するようにしましょう。
一つ一つの食材の食性を覚えるのは大変なので、今回ご紹介した見分けポイントを活用して、自分に合った野菜や果物を食べるようにしてくださいね。
 

緑内障社長の一言コメント

一つの視点として持っておくと便利かと思いご紹介いたしました。ご参考になれば幸いです。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら