緑内障対策に、次世代スーパーフードでアンチエイジング

スーパーフードで緑内障対策
 

ビーポーレンの効果と気をつけるべきポイント

次世代スーパーフードとの呼び声高い「ビーポーレン」をご存知でしょうか?
欧米諸国では、すでに注目されており、「パーフェクトフード」とも言われています。

ビーポーレンの栄養価は、同じくミツバチから作り出されるプロポリスやローヤルゼリーなどの栄養食品よりも高いとも言われており、アンチエイジングや美容に効果的だと報告されています。
(なぜ、アンチエイジング・老化予防が緑内障対策につながるのかは、次の記事をご覧ください:なぜ老化予防(アンチエイジング)が緑内障対策につながるのか

今回は、ビーポーレンとは一体何なのか、その栄養素と注意点についてお伝えいたします。

(こちらもご参照ください:緑内障に良い栄養27を含む食べ物・食事をまとめました
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

1. ビーポーレンって何?

蜂を意味する英語「bee」と花粉を意味する英語「pollen」を組み合わせて作られた言葉がビーポーレンです。

名前の由来通り、ミツバチが集めてきた花粉を示します。
ミツバチが足に花粉の丸い塊をくっつけて運んでいる姿を、理科の授業などで見た覚えがある方も多いと思いますが、ビーポーレンとは、まさにその丸い花粉の塊なのです。
働きばちの栄養源とするために、様々な花から花粉を採取し、自らが出す酵素で丸く固めて巣まで運びます。
このビーポーレンを働きばちが食べて出す物質が、ローヤルゼリーです。
ビーポーレンには、花粉由来の栄養素とミツバチの酵素由来の栄養素が含まれているんですよ。
 

2. ビーポーレンの栄養素と効果

それでは、具体的にどのような栄養素をビーポーレンは含み、どのような効果を示すのでしょうか?
以下に含まれる栄養素とその効果を示します。
 

必須アミノ酸

イソロイシン、ロイシン、リジン、フェニルアラニン、バリン、メチオニン、スレオニン、トリプトファンの計8種類の必須アミノ酸をビーポーレンは含んでいます。

必須アミノ酸は、体内で作り出す事ができないため、食べ物から摂取する必要があるのですが、生命維持にとても重要な役割を果たしています。
特に筋肉の維持やエネルギー源、疲労回復や肝臓のデトックス、成長ホルモンの分泌促進という働きを担っています。
体をいつまでも健康的に維持するためには、必要不可欠な栄養素だと言えます。
 

抗酸化ビタミン

ビーポーレンには、抗酸化ビタミンであるビタミンACEが全て含有されています。

抗酸化ビタミンは、活性酸素を取り除き、細胞や血管の劣化を防止します。
また、ビタミンAには、皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあり、ビタミンEには血流を改善する働きがあります。
 

ビタミンB群

生命維持に必要な様々な代謝活動を支えている栄養素がビタミンB群です。

ビタミンB群を体内に取り入れる事で、代謝を活性化させ、細胞の老化を防止する事ができます。
 

ミネラル類

ビーポーレンは、カリウムやナトリウム、カルシウムやマグネシウム、亜鉛、銅、鉄といったミネラル類を27種類も含んでいます。

ミネラルは、酵素の働きを助ける補酵素としての働きを持ち、体内の様々な反応に欠かすことのできない物質です。
ミネラルをしっかり摂取する事で、体内の反応や代謝を促進し、丈夫で循環のよい体を手に入れる事ができます。
 

3. ビーポーレン服用の際の注意点

ビーポーレンには、アレルギー症状を緩和する効果もあると報告されています。
一方で、蜂や花粉由来の成分であるため、アナフィラキシーショックに注意する必要があります。

蜂毒アレルギーや花粉症患者の方が一気に多量のビーポーレンを摂取するのは大変危険です。
実際にアナフィラキシーショックを起こした事例も報告されています。
服用の際は、かかりつけ医と相談し、少量ずつ体を慣らしていくようにしてください。

また、商品の中には、蜂の足が混入していたりと品質が安定しない物も存在します。
購入する時は、信頼のあるメーカーの物を選ぶようにしてください。

最後に
日本では、まだ目にする機会があまりないビーポーレンですが、アメリカやヨーロッパでは自然の栄養食品として認知されており、自然食品のスーパーで普通に目にする事ができます。
摂取方法には少し注意も必要ですが、花粉症やアレルギーの緩和に大きな効果を示す事が報告されているので、気になる方は、医師に相談しながら取り入れてもよいですね。
 

緑内障社長の一言コメント

一日にスプーン半分から大さじ一杯くらいが、適量のようです。体にあうか試しながら、少しずつとるのがいいようです。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら