目の血流改善で緑内障対策

肩こり解消で緑内障対策
 

肩甲骨はがしストレッチで、血流を改善

今人気のストレッチ方法である肩甲骨はがしをご存知でしょうか?
医師によってもその効果は認められており、肩こりの改善方法として今注目を浴びています。

肩こりを放置していると、脳へ十分な血液が送られなくなり、めまいや不眠、うつ病などを引き起こす危険もあります。
また、目への血流も阻害されるため、目の健康にも悪いと言えます。(なぜ、目の周辺の血流改善が緑内障対策につながるのかは、次の記事をご覧ください:なぜ血流改善が緑内障対策につながるのか

今回は、簡単にできる肩甲骨はがしストレッチで肩こりを改善する方法をご紹介いたします。
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

1. 肩甲骨はがしの効果

肩甲骨とは、肩から背中にかけて左右対称に存在する大きな骨の事を指します。

肩こりが起こる大きな要因の一つに僧帽筋という筋肉の硬直が挙げられます。この僧帽筋は、肩甲骨を覆うような形で首から背中にかけて広がり、首の動作や背筋を伸ばして支える動作、腕を持ち上げる動作に深く関与しています。そのため、どうしても首を持ち上げる動作が続くと、疲労し、硬直を起こしやすい性質を持っているのです。

僧帽筋が硬直すると、まるで肩甲骨にべったりとくっついて剥がれないような状態となり、慢性的な肩や首のこり、猫背などを引き起こしてしまいます。つまり、肩甲骨はがしを行う事で、僧帽筋の緊張状態を解消し、肩周辺のこり改善だけではなく、姿勢の矯正にも効果があるのです。
 

2. 肩甲骨はがしの方法

それでは、簡単な肩甲骨はがしストレッチの方法を3つご紹介いたします。
 

・ 肘引きストレッチ

肩甲骨はがしの基本運動です。

1.脇を広げて肩と肘が水平になるように、肘を曲げます。
2.肘の位置をキープしたまま、肩甲骨同士をくっつけるようなイメージで、肘を背中側へと5秒かけて引き寄せます。
3.引き寄せ終わったら、力を抜き、この動作を3回繰り返します。
 

・ 肩回しストレッチ

肩回しストレッチは肘引きストレッチの応用版です。

1.肘引きストレッチと同様に、脇を広げて肩と水平になるように肘を持ち上げます。
2.肩甲骨を持ち上げて剥がすようなイメージで、肘を前から後ろへと5秒かけて大きく回します。
3.回し終わったら腕を下ろし、この動作を3回繰り返します。
 

・ 雑巾がけストレッチ

寝る前や休みの日など時間がある時に行ってほしいストレッチが雑巾がけストレッチです。

1.手を肩の真下、膝を腰の真下について四つん這いになります。
2.片方の手を肩・背中・腕が床と水平に一直線上になるように伸ばします。
3.体からできる限り遠くを拭くようなイメージで水平状態を保ったまま、腕を5秒かけて後ろに回してください。
4.お尻側まで行ったら、5秒かけて前に腕を戻しましょう。
5.反対側の手も同様に行い、左右1セットとして、5セット行います。

最後に
肩甲骨周りには、褐色脂肪細胞が多数集まっているため、肩甲骨はがしは、脂肪燃焼にも効果的です。
肩こりや猫背、ダイエットにお困りの方はとても簡単なストレッチ法ですので、ぜひ取り入れてみてください。
 

緑内障社長の一言コメント

実際やってみると、いかに固まっているか実感できて、楽しいと思います。ぜひお試しください!


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら