血行不良を改善して緑内障対策

漢方で緑内障対策
 

漢方薬の効果を高める正しい飲み方

冷え症や低体温にお悩みではありませんか?体の冷えを感じる方は、血行不良を起こしている可能性が高いと言えます。

血行改善は、緑内障対策となります(理由は、次の記事をご覧ください:なぜ血流改善が緑内障対策につながるのか)。

血行不良は体質が関係している事も多く、根本的な改善が重要です。根本的に体質から改善するのに効果的なのが、漢方です。
しかし、漢方薬は飲み方を間違えると正しい効果が得られない場合もあります。今回は、正しい漢方薬の飲み方をお伝えいたします。
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

1. 漢方薬の購入の仕方

ネットなどで調べて自分の症状に合った漢方薬を購入する方が最近増えてきています。しかし、同じような症状に効果がある漢方でも種類が違えば、作用の仕方が違います。自分の体をよく分かっているつもりでも、素人目と専門家からの判断は大きく食い違う事がほとんどです。自分の体質を勘違いして、体質に合っていない漢方薬を服用すると、健康を害してしまう可能性もあります。

「漢方薬は薬ではないから、副作用はない」という言葉をよく耳にしますよね。残念ながらこの考えは間違いです。確かに穏やかな作用を示すのが漢方薬ですが、やはり副作用を示したり、飲み合わせに注意が必要な成分はたくさん存在します。胃腸が弱い方が胃腸に負担をかける漢方を飲むと余計に胃腸の機能低下を引き起こし、血行不良が悪化してしまいます。

漢方薬を購入する時は、病院の漢方外来を受診するか、漢方のプロが在中している漢方薬局などでカウンセリングを受けて処方してもらいましょう。漢方外来では、保険も適用されるのでおすすですよ。
 

2. 漢方薬の種類と飲み方

漢方薬には、様々な種類があります。種類毎に飲み方のコツや注意点があるので、気をつけましょう。

・煎じ薬

煎じ薬とは、昔から親しまれている飲み方で、漢方の効果を最も引き出す方法だと言えます。面倒ですが、その分漢方の成分を余すことなく取り入れる事ができるので、挑戦してみても良いでしょう。最近では、煎じ薬をパウチに入れて販売している商品もあるので、試してみてください。

煎じ薬の飲み方は、土瓶を使います。土瓶の中に漢方薬を入れ、水を加えて半分程度になるまで煮詰め、茶こしでしっかりこしたエキスを冷まして飲みます。煎じ薬を作るためのタイマー付きの機械もあるので、本格的に煎じ薬を飲みたい方にはおすすめです。

・粉薬

粉薬はエキス剤と言われており、煎じ薬を濃縮させて乾燥し、顆粒状にした物です。携帯しやすく、すぐに飲めるので手っ取り早く漢方を日常生活に取り入れたい方におすすめです。

粉薬の効果を引き出す飲み方は、白湯に溶かして飲むという方法です。白湯に溶かす事で、薬の状態が煎じ薬に近くなり、より体内で吸収されやすくなります。ただ、白湯で飲むのが面倒だと感じる方は水で飲んでも問題ありません。お茶や牛乳などは成分の吸収を阻害される恐れがあるので控えましょう。
 

3. 漢方薬の飲む時間

漢方薬を飲む最適な時間は、一般的に食前または食間だと言われています。つまり、食後2時間以上経った「空腹時」に飲むという事が重要です。

胃に食べ物が入っていない空腹時に飲む事で、漢方薬の吸収が良くなります。ただ、食前や食間だとどうしても飲み忘れてしまうという方は、食後に飲んでも構いません。最も大切なのは、しっかり毎日続けるという事なのです。

最後に
今回は漢方の効果を最大限に引き出す正しい飲み方をお伝えいたしました。けれど、それほど神経質になる事はありません。漢方薬を正しい飲み方で飲む事が苦痛でストレスを感じるくらいならば、気楽に水や食後に飲む方が健康的にも良いからです。自分でストレスなく続けられる範囲で、正しい飲み方を取り入れてくださいね。
 

緑内障社長の一言コメント

「最後に」にも記載しておりますが、くれぐれもご無理のない範囲でお試しください。一時期、漢方を毎日煎じていましたが、かなり大変でした。続けられないくらいなら、粉薬でも毎日続けた方がよいと考えています。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら