緑内障発症確率を下げる

低体温改善で緑内障対策
 

低体温を改善する3つのポイント

あなたは自分の平熱を把握していますか?

風邪を引きやすい、疲れが取れにくい、肩こりが慢性化しているという方はもしかすると低体温になっている可能性があります。

人の平熱は通常36.5~37.1度の範囲になっているのですが、低体温の方は平熱が36度以下と低い傾向にあります。実は今、低体温の方が急増しているのですが、低体温は様々な病気の温床となる事が分かっています。

緑内障は老化とともに発症の確率が上がります。老化予防には、免疫力を高めることが重要ですが、低体温は免疫力も低下させます。低体温の恐ろしさと改善するための方法をご紹介いたします。
(老化予防と緑内障対策について、詳しくは次の記事をご覧ください:なぜ老化予防(アンチエイジング)が緑内障対策につながるのか
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

1. 低体温がなぜ体に悪いのか?

体温は人体にとって、とても重要な役割を果たしています。だからこそ体温を維持するために、食事を摂り、代謝活動を行う事で熱エネルギーを生産しているのです。では、低体温になると、一体どのような健康障害が出てくるのでしょうか?
 

・ 代謝が低下する

代謝反応を進めるためには、酵素が必要不可欠となります。実はこの酵素の活性は温度によって変化し、体温が1度低下すると酵素の活性は50%も低下すると言われています。酵素の活性が低下すると必然的に代謝も低下します。

体温が1度低下すると、体の基礎代謝は12%低下すると報告されています。代謝が低下する事で、老廃物も溜まり、疲れが取れにくくなってしまいます。
 

・ 免疫力が低下する

免疫力を支える免疫細胞の働きも体温と相関関係にあります。ある報告では、体温が1度低下すると、免疫力は37%も低下すると言われています。免疫力が低下する事で、風邪など引きやすくなり、外敵が体内に侵入しやすい状態になってしまいます。
 

・ ガン罹患リスクを高める

人の体内では、毎日数千個ものガン細胞ができています。それがガン化しないのは、免疫細胞が攻撃してガン細胞を死滅させているからです。低体温になり、免疫力が低下すると、ガン細胞を撃退できなくなり、ガンが大きくなってしまうリスクが高まるのです。
 

・ 血行障害を引き起こす

低体温は自律神経の乱れからくるケースが多いのですが、自律神経が乱れると体は緊張状態のままになります。そうすると、筋肉が硬直し、筋肉に圧迫された血管が血流障害を引き起こしてしまいます。低体温は血流障害を引き起こし、さらに血流障害が体温の低下を加速させる負の連鎖に陥ってしまうのです。
 

2. 低体温を改善するためのポイント

低体温を改善して、血行不良や代謝、免疫力の低下を防止するためには、熱の生産能力を上げ、体温調節の中枢である自律神経の乱れを改善する必要があります。そのために必要な対策を以下に示します。
 

・ 筋肉量をあげる

熱を生産する重要な器官が筋肉です。現代人は筋肉量の低下により、低体温を引き起こしているケースが多いと言えます。筋肉量があげるためには、毎日30分以上のウォーキングを習慣にしたり、スクワットを行うなど、足の筋肉を重点的に鍛えましょう。
 

・ 入浴する

入浴には、リラックス効果と温熱効果があります。38~40度程度のぬるま湯に20分浸かる事で、交感神経優位の状態から副交感神経優位の状態に切り替え、筋肉をほぐす効果を得る事ができます。
 

・ GABAを摂取する

自律神経の乱れの大きな要因になるのが、ストレスです。GABAには、ストレスを緩和する作用や成長ホルモンの分泌を促進する作用があります。ストレスを感じやすい方は、カボチャやじゃがいも、玄米などGABAを多く含む食材を積極的に摂るようにしましょう。

最後に
今回ご紹介したポイントの他には、冷房対策や腹巻の着用など、体を冷やさない習慣を身につける事も大切です。平熱を計って、36度以下だった方は、積極的に運動とストレス発散を行って、体温を上昇させるようにしてくださいね。
 

緑内障社長の一言コメント

今回も登場しましたが、何か体に良いことをしたいと思ったとき、スクワットはかなり有用だと思われます。週に数回でいいので、お試しください。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら