クロセチンの目に良い効果。

光から目を守るクロセチン
 

抗酸化で緑内障対策。

本日は、「クロセチン」で、
緑内障の改善を狙います。

(主に、「緑内障に良い栄養」に関連した内容です)

■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、
 たくあん、栗きんとん、
 サフランライスを
 食べましょう!

■━━━━━━━━━━━━━━━■

クロセチンは、
強い抗酸化力と
優れた抗炎症作用を持ち
血流の改善に効果的な成分です。

今日は、
たくあん、栗きんとん、
サフランライスを食べて、
目の血流を改善しましょう!
 

【あなたの目を守るために】自分で出来る緑内障対策

緑内障予防のために、これだけはやっておきたいことをまとめました。 詳しくは、こちら

 

解説:クロセチンの毛様体筋の疲労改善効果が、実験で確認されています。

クロセチンは、クチナシの果実や
サフランに含まれる
黄色の天然色素で、
強い抗酸化力と
優れた抗炎症作用を持ちます。

眼精疲労を改善したり、
疲れ目からくる肩こりや
血流の改善に効果的な成分です。

毛様体筋の疲労改善効果が、
実験でも確認されており、
クロセチンが持つ抗酸化作用と
抗炎症作用が、
毛様体筋の栄養を支える
眼球内の微小循環に影響を与え、
眼精疲労が緩和される
のではないかと考えられています。

* 毛様体筋は
目の水晶体を調整する筋肉で、
近くを見るときは収縮し、
遠くを見るときはゆるみます。

近くを見続けると、
毛様体筋の収縮した状態が
続いて疲労が蓄積され、
血流が悪くなり、
眼精疲労や目の病気、
肩こりや頭痛の一因となります。
 

クロセチンには、目への親和性が高いという特徴があります。

また、通常眼球は
デリケートなので
不純物や異物が内部に
入り込まないように
保護されており、
ルテインのように
眼球内に元々ある成分は
吸収されやすいが、
一部の抗生物質などは
目の中に入ることができません。

クロセチンは目への親和性が高い
という特徴があり、
すばやく吸収されて
その作用を発揮します。
 

クロセチンの目に良い効果。

そして、クロセチンは
光によるダメージから目を守り、
さらには加齢黄斑変性症などの
網膜障害を予防する
可能性が示唆されています。

*
マウスに強い光を照射したのち
クロセチンを投与したものを
通常の光環境にて
4日間飼育したときの
視細胞の委縮と細胞死が
抑制されたため
 

クロセチンを含む食事・食べ物。

 

たくあん、栗きんとん、
サフランライス

に含まれています。
(一日の推奨摂取量:3mg)
 

緑内障社長の一言コメント

クロセチンは、色付けやスパイスとして利用されるため摂取量が限られます。サプリメントの活用も有効です(詳しくは、こちらをご覧ください)。


今回の内容を、正しく緑内障対策にご活用いただく為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しております。

原因不明の眼病である緑内障に対して、ツボや民間療法も含め、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報を、集め、公開しています。

あえて「雑多」とも感じられるほどの、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、どうご活用いただくべきかについて、当サイトがお勧めする活用方法として、以下の記事にまとめました。

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

眼圧を下げるだけでは、緑内障対策としては不十分です。なぜなら・・・

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧を下げることも含めて、ご自分でできる緑内障対策には、大きく3つの種類があります。

失われた視野は、現時点の医療では取り戻すことができません。
後悔のないように、できることは全てやりましょう。

ご自分でできる3つの緑内障対策について、詳しくは、こちらの記事をお読みください:緑内障に、総合的に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

簡単に目に良いことを継続できる無料メルマガはこちら

当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続することができます。

ご利用は無料。ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら