免疫力を向上して緑内障対策を行う際のビタミンDの重要性

緑内障とビタミンD
 
健康維持や老化防止にとってビタミンが大切な事は周知の通りです。

緑内障の発症・進行の確率は、老化によって進行しますので、老化予防のためにも、積極的に摂取したいものです。

特に注目されているのが、抗酸化力の高いビタミンACEですが、脳の健康維持にはビタミンDが必要である事をご存知でしょうか?

今回はついつい見逃されがちですが、とても重要な役割を果たしているビタミンDの摂取方法と知られざる効果についてお伝えいたします。
 

動物性ビタミンDを積極的に摂取しよう

ビタミンDにはいくつか種類が存在し、D2~D7の6種類があります。

人間が必要とするビタミンDは、D2とD3で、D2は植物からD3は動物から摂取できます。

植物性のビタミンD2は、キクラゲや椎茸などのキノコ類、海藻類に多く含まれています。

動物性のビタミンD3は、鮭や鰻、サバなどの魚肉や鶏の卵に多く含まれています。

ビタミンDの摂取で大切なのは、動物性のビタミンD3を積極的に摂取する事です。

ビタミンD3はビタミンD2よりも倍働きが強く、脳やガンへの効果はビタミンD3に見られるためです。
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

適度な日光浴は健康維持に必要

近年では、紫外線カットが一般的となり、過剰に日光を避ける風潮にあります。

ですが、健康維持には、適度な日光浴も必要になります。

それは、ビタミンD3が紫外線のUV-Bによって皮膚で生成されるためです。

そのため、過剰に日焼け対策している方はビタミンD不足になっている事が多く、免疫力の低下や脳、精神への悪影響が懸念されます。
 

ビタミンDの効果

ビタミンDは他のビタミンとは違い、ホルモンのような働きも示します。

研究が活発になるにつれ、ビタミンDの健康効果は医師や研究者から注目されるようになってきました。

以下にビタミンDの人体への効果を示します。

・骨の健康の維持

ビタミンDの効果で広く認知されているのが、カルシウムとの関係性です。

ビタミンDは、血液中のカルシウムとリンの濃度を一定に保ち、カルシウムの機能を高める事で、骨を丈夫にする効果があります。

・脳・精神の正常化

活性型ビタミンD3には、脳の神経細胞を保護し、増殖や分化を正常化させる働きがあります。

そのため、ビタミンD3が不足すると、脳の機能低下やうつ病、統合失調症、自閉症などの精神疾患を引き起こすリスクが高まってしまうのです。

・免疫力の強化

ビタミンD3には、免疫力を強化し、インフルエンザなどへの感染を予防する効果が報告されています。

・糖尿病の予防

血中のビタミンD濃度を高める事で、Ⅰ型Ⅱ型両方の糖尿病のリスクを低減させる効果が報告されています。

・ガンの死亡率の低下

ビタミンD3には、ガンによる死亡率を低下させる効果があると報告されています。
 

ビタミンDの不足と過剰摂取について

ビタミンDの不足は、小児のくる病や成人の骨粗鬆症、糖尿病、動脈硬化、免疫力の低下、うつ病、アレルギーなどの発症リスクを高めます。

つまり、健康の維持には、ビタミンDが不足しないようにする事が大切なのです。

一方で、ビタミンDには、過剰症も報告されており、過度に摂りすぎると高カルシウム血症を引き起こす事が知られています。

しかし、近年の研究により、1日あたり250μg(10000IU)の摂取量でビタミンDの安全性が報告されています。

日本人の平均摂取量が男性で8.5μg、女性で7.3μgですので、過剰症を心配する必要はないでしょう。
 

緑内障社長の一言コメント

ビタミンDには、骨だけではなく、脳機能や精神、免疫を正常に保つための機能があります。

特に魚に多く含まれているビタミンD3は高い健康効果を持っているため、積極的に摂取しましょう。

紫外線対策も大切ですが、過度に行うとビタミンD不足でうつ病などを発症する確率を高めてしまうため、気をつけてください。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら