緑内障対策に免疫向上:知っておきたいプロバイオティクスとプレバイオティクスの長所と短所

腸を綺麗にして緑内障対策
 
腸は免疫や血流・自律神経の正常化に大きな役割を果たしています。

腸内をキレイにするためには、プロバイオティクスとプレバイオティクスの2つの方法がありますが、それぞれには長所と短所が存在します。

日本ではプロバイオティクスが重視される傾向にありますが、健腸のためにはプレバイオティクスも一緒に取り入れる事が大切です。

今回はプロバイオティクスとプレバイオティクスの長所と短所を理解し、より効率よく腸内をお掃除する方法をお伝えいたします。
 

プロバイオティクスは腸に新しい菌を取り込む

プロバイオティクスとは、腸内に住み着いている細菌を善玉菌優勢の状態にして、人の健康を増進してくれる微生物や微生物を含む食品の事を指します。

つまり、乳酸菌飲料やヨーグルト、キムチ、すぐきなどの善玉菌を含む食べ物の事です。

プロバイオティクスの最大の特徴は、腸内に新しい菌を取り込むという点です。

新しい善玉菌を生きたまま腸内に取り込む事で、善玉菌優勢の環境を作り上げ、腸の働きを活性化するのです。
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

プレバイオティクスは常在菌を活性化させる

プレバイオティクスは、腸内にすでに住み着いている善玉菌のエサとなって、腸内の善玉菌を活性化させる食品の事を指します。

オリゴ糖や食物繊維などがプレバイオティクスに相当します。

腸内で常在菌のエサになるためには、胃や小腸で分解されずに大腸まで届く必要があります。

プレバイオティクスの特徴は何と言っても、腸内に住み着いている自分自身の善玉菌を効率よく増やせるという点です。

そのため、プレバイオティクスでは腸内環境を根本から改善する事ができるのです。
 

プロバイオティクスの長所と短所

プロバイオティクスの長所は、新しい菌を摂取する事で、今までにはなかった健康機能を体内に取り入れられるという点です。

現在では、研究が進み、免疫改善や胃の保護など様々な機能を持つ善玉菌が開発されています。

一方で、プロバイオティクスには大きな短所も存在しています。

それは、新しく取り入れた菌は定着しにくく、生きたまま腸内に届ける事が難しいという点です。

また、菌には相性もあるので、自分に合った菌を見つけるのにも時間を要します。
 

プレバイオティクスの長所と短所

プレバイオティクスの長所は、すでに自分の腸内に住み着いている善玉菌を元気にし、増殖させる事ができるという点です。

菌を定着させる必要がなく、自分固有の常在菌が活力を取り戻すので、効率的に腸内改善をする事ができます。

実際に、欧米諸国では、プロバイオティクスよりもプレバイオティクスの方が重視されているそうです。

一方、プレバイオティクスの短所は、新しい機能性をプラスαしにくいという点です。

オリゴ糖にも様々な健康効果を持つ物が開発されていますが、やはり種類の多さから見るとプロバイオティクスにはかないません。
 

2つ合わせてシンバイオティクス

プロバイオティクスとプレバイオティクスの長所と短所を見て、もうお分かりかと思います。

この2つの方法は、お互いの長所と短所を補完し合っています。

つまり、より効率的に腸内環境を改善し、健康を増進するためには、プロバイオティクスとプレバイオティクスの2つを同時に摂取する事が望ましいのです。

プロバイオティクスとプレバイオティクスの両方を含んだ食品をシンバイオティクスと呼びます。

ヨーグルトにオリゴ糖や果物をプラスして食べるなど、プロバイオティクスに食物繊維やオリゴ糖をプラスαして摂取するようにしましょう。
 

緑内障社長の一言コメント

日本ではプロバイオティクスへの注目度が高いように思います。
しかし、健腸のためには、プレバイオティクスで常在を活性化させるアプローチもあると知ることは役立つのではないでしょうか。
シンバイオティクスを意識した食生活を送りたいものですね。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら