人間関係が良くなる!真心が伝わる「ありがとう」の伝え方を知ってストレスをためずに緑内障に対抗

ありがとうで緑内障対策
 
伝えられて嬉しい言葉の代表が「ありがとう」です。

心のこもった「ありがとう」は、安心感や肯定感、自分の存在感を感じられる素晴らしい言葉ですよね。

ですが、感謝していても言葉に出せなかったり、「ありがとう」と言っても気持ちが伝わらないときもあります。

ストレスが多くの病気の発症の引き金となったり、憎悪因子(状態を悪化させるもの)となったりすることはよく知られています。

眼圧はイライラしたり、興奮するだけでも上がりますので、緑内障に関しても、ストレスが何らかの影響を及ぼしていると考えられます。

ストレスのない人間関係を可能な限り構築していくことは、緑内障対策につながるだけでなく、普段の生活をより良いものとしてくれます。

そこで今回は、気持ちが伝わる「ありがとう」の伝え方のポイントについてお伝えします。
 

「ありがとう」はすぐに伝える

「ありがとう」はすぐにその場で伝えることが大切です。

時間に追われていたり、気恥ずかしさを感じたりすると、感謝の気持ちを感じても「後からありがとうを伝えよう」と後回しにしてしまうことがあります。

時間が経過してから「ありがとう」と言われて「今更何だよ」と感じたことありませんか?

「ありがとう」は、相手に安心感や肯定感を与える言葉です。

その場で伝えてもらえないと、相手は「これでよかったのかな」と不安を感じてしまいます。

感謝の言葉はその場で伝えることで、相手の心に響くのです。
 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

動作をいったん止めて「ありがとう」と伝える

「ありがとう」と伝えるときは、何かをする片手間で伝えないように心がけましょう。

仕事や家事などの手をいったん止めて、相手と向き合って目を見て伝えなければ、気持ちは伝わりません。

背中越しで「ありがとう」と言われたり、テレビを見ながら「ありがとう」と言われたりしても、「その程度のありがとうなんだな」「社交辞令で言っているだけ」と感じてしまうかも。

心は体に表れます。

感謝の心を伝えたいのであれば、体ごと相手と向き合うことが大切なのです。

 

会話の最初と最後に「ありがとう」を伝える

「ありがとう」は会話の最初と最後の2回伝えるようにすると、より相手の心に響きます。

会話の最初に「ありがとう」と伝えることで、信頼感が生まれて会話もスムーズに進みます。

そして、会話の最後に「今日は○○してくれて本当にありがとう」と伝えることで、相手の心にあなたの気持ちをより鮮明に刻み込むことができます。
 

「ありがとう」は2回伝える

「ありがとう」は、時間をおいてから2回伝えるようにしましょう。

会話の最初と最後の2回伝える以外に、時間をおいて再会したときに、第一声で「ありがとう」を伝えるのです。

その場で感謝を伝えて、さらに再会したときに感謝を伝えることで、「あなたへの感謝の気持ちはしっかりと記憶していますよ」と感じさせることができます。

感謝の気持ちを忘れないでいることを伝えることで、相手との間に強い信頼関係を築くことができます。

具体的な言葉を添えて「ありがとう」を伝える

「ありがとう」は一言伝えるのではなく、何に感謝しているのか具体的な言葉を添えて伝えるようにしましょう。

具体的に伝えられることで、相手は「この人はこうしてあげると喜ぶんだな」と感じ、お互いの理解を深めることができます。

さらに、具体的な言葉を添えられることで、「ありがとう」に現実味が増します。

すると、「この人は心から感謝してくれてるんだな」と相手は嬉しさを感じるのです。
 

「ありがとう」はこまめに伝える

「ありがとう」はどんなに小さなことでもいいので、こまめに伝えるようにしましょう。

こまめに「ありがとう」を伝えることで、相手もこまめに感謝を返してくれるようになり、よりよい人間関係を築けます。

また、小さな「ありがとう」を積み重ねることで、自分自身も物事のマイナス面ではなく、プラス面に目を向けられるようになります。

何かをしてもらったときだけ「ありがとう」を伝えるのではなく、「相談してくれてありがとう」「私を信じてくれてありがとう」「意見を言ってくれてありがとう」など積極的にあがとうを見つけるようにするといいようです。
 
感謝の気持ちは、言葉に出さないと相手には伝わりません。

ですが、ただ言葉にするだけでも十分には伝わりません。

大切なのは、感謝していることをしっかりと表現することです。

「ありがとう」は出し惜しみせず、どんどん伝えていってください。

すると、あなたの周囲は感謝の和で繋がれるようになりますよ。
 

緑内障社長の一言コメント

感謝の大切さを、年齢を重ねるごとに感じるようになりました。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら