眼のレンズ調整力をサポートする栄養をまとめました。

これを食べましょう
 

目のピント機能を助ける7つの栄養。

■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、目のピント機能に
 良い栄養をとりましょう

■━━━━━━━━━━━━━━━■

今日は、玄米や豚肉、ヨーグルト、
納豆、アーモンド、卵、たくあん、
等を食べてみましょう!
 

【あなたの目を守るために】自分で出来る緑内障対策

緑内障予防のために、これだけはやっておきたいことをまとめました。 詳しくは、こちら

 

視力回復トレーニングに見る、目の筋肉についての考え方。

いわゆる視力回復トレーニングでは、
眼筋を強化し、目の血流を改善し、
脳を刺激することで、
視力を回復しようとします。

その際の基本的な考え方としては、
目の周辺の筋肉も、
他の筋肉と同じように、
年をとるにつれて衰えていく
と考えます。

しかし、衰えた筋肉も、
鍛えれば成果をあげるように、
目の筋肉も例外ではない、と考えます。

筋肉を鍛えて、血流を改善し、
視力を回復しようとするのです。
 

目のピント機能を助けるために、筋肉トレーニングと栄養を。

トレーニングで眼筋を強化し、
同時に、目のピント機能を補助する栄養をとって
血流を改善しましょう。

毛細血管や血液の成分を、
良好な状態に保つことによって、
目の機能を高めたり、
緑内障の改善も期待できます。
 

目のレンズの調整能力を助ける栄養とは。

レンズの調整能力を補助する栄養素は、
以下の7つが挙げられます:

アスタキサンチン
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンB6
ビタミンB12
クロセチン
ナイアシン
 

目のレンズの調整能力を助ける栄養を含む食事・食べ物は。

こうした栄養素は、次のような
食べ物に含まれています:

穀類:
玄米、胚芽精米、小麦胚芽、
オートミールなど未精製の穀類、

肉類:
豚肉、鶏肉、牛レバー、
豚レバー、鶏レバー、

魚介類:
さけ、かつお、うなぎ、どじょう、
かれい、さんま、ぶり、まぐろ、
のり、いくら、すじこ、
さば、たらこ、えび、貝類など

乳製品:
牛乳、ヨーグルト、チーズなど

豆類:
大豆製品・納豆、ピスタチオ、
アーモンド、ピーナッツなど

その他:
卵、きのこ類、緑黄色野菜、
にんにく、バナナ、たくあん、
栗きんとん、サフランライスなど

眼が疲れて、
「うまくピントがあわないな」
という時など、
ご参考になさってください。
 

緑内障社長の一言コメント

筋肉を動かすトレーニングをして、しっかりと栄養をとる。目の周辺の筋肉も、いわゆる筋トレ等で鍛える筋肉も、原則は同じですね。


今回の内容を、正しく緑内障対策にご活用いただく為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しております。

原因不明の眼病である緑内障に対して、ツボや民間療法も含め、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報を、集め、公開しています。

あえて「雑多」とも感じられるほどの、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、どうご活用いただくべきかについて、当サイトがお勧めする活用方法として、以下の記事にまとめました。

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

眼圧を下げるだけでは、緑内障対策としては不十分です。なぜなら・・・

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧を下げることも含めて、ご自分でできる緑内障対策には、大きく3つの種類があります。

失われた視野は、現時点の医療では取り戻すことができません。
後悔のないように、できることは全てやりましょう。

ご自分でできる3つの緑内障対策について、詳しくは、こちらの記事をお読みください:緑内障に、総合的に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

簡単に目に良いことを継続できる無料メルマガはこちら

当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続することができます。

ご利用は無料。ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら