緑内障の発症・進行の確率は、老化とともに上昇します。ミトコンウォークで若さを保つ方法とは

ウォーキングで緑内障対策
 
運動習慣の一つとしてウォーキングを取り入れている方は多いことと存じます。

実は、このウォーキングに一工夫をする事で、老化防止の要であるミトコンドリアを活性化する事ができます。

今回は、ミトコンドリアを活性化し、体の若返りに貢献するミトコンウォークの効果や方法についてお伝えいたします。
 

1. ミトコンウォークとは

ミトコンウォークとは、ミトコンドリアを効率よく活性化させるためのウォーキング方法です。

ミトコンドリアとは細胞小器官の一つであり、エネルギーを作り出して細胞にエネルギーを供給する役割を担っています。

つまり、ミトコンウォークは細胞を活性化させる事ができるウォーキング方法とも言えるのです。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

2. ミトコンウォークの効果

ミトコンウォークでミトコンドリアの働きが高まると、エネルギーが細胞にたくさん供給されるようになり、細胞が活性化します。

活性化した細胞は、活性酸素や加齢によって低下した機能を向上させる事ができるようになります。

細胞の機能の向上によって、以下のような効果が得られます。
 
・心臓の機能の維持
・軟骨細胞活性化による関節痛の改善
・精子や卵子の老化防止による妊娠力の向上
・肝臓や腎臓などの臓器の機能向上
・疲労回復
・持久力の向上
・皮膚細胞活性化によるアンチエイジング

 

3. ミトコンウォークの方法

それでは、基本的なミトコンウォークの方法について解説いたします。

ミトコンウォークは、「深呼吸・ストレッチ」「早歩き」「クールダウン」の3部構成によって行います。

 

3-1. 深呼吸とストレッチ

何もしていない状態からいきなり体を動かすと、活性酸素が増加し、ミトコンドリアの働きを阻害してしまいます。

ミトコンドリアを効率よく活性化させるためにも、運動の前に深呼吸とストレッチをしっかり行って副交感神経を活性化させるようにしましょう。

・鼻から息を吸って、口から息を吐く深呼吸を5回行います。
・体の側面を伸ばすストレッチや屈伸、上体反らしなどで体を大きくストレッチします。

 

3-2. 早歩き

ストレッチが終了したら、ミトコンウォークに入ります。

ミトコンウォークの前半では、早歩きをして心拍数を上昇させます。

心拍数を上昇させる事で、活性酸素が少しだけ体内で生成されます。

実はこの「少し」の活性酸素がミトコンドリアを効率よく活性化してくれるのです。

・肘を腰の位置まで上げて軽く曲げます。
・背筋を伸ばして、いつもより大股でテンポよく、腕を振りながら早歩きをしてください。
・この時、考え事をすると活性酸素が大量に発生してミトコンドリアの活性を邪魔するので、頭の中は空っぽにして歩きましょう。好きな音楽を聞きながらウォーキングするのもおすすめです。
・早歩きは必ず15以内で止めてください。

15分以上早歩きをすると、ミトコンドリアの活性を阻害してしまいます。

 

3-3. クールダウン

早歩きを15分間行ったら、徐々にスピードダウンして心拍を整えます。

このクールダウンの時間を設ける事で、ミトコンドリアの活性を長く維持できるようになります。

・早歩きから徐々にスピードを落としていきます。
・この時、手は下に垂らし、体全体をリラックスさせます。
・呼吸はゆっくりと深呼吸を行い、上昇した心拍を落ち着かせます。
・10分間クールダウンできたら、ミトコンウォークの完了です。
 

緑内障社長の一言コメント

ミトコンドリアを活性化して細胞を若返らせるためには、副交感神経を高めて活性酸素が大量に出るのを防止する事が大切です。

一方で、「少し」の活性酸素はミトコンドリアの活性化に寄与します。

つまり、ミトコンウォークは、活性酸素の大量発生を防止しつつ、ミトコンドリアが効率よく活性化できるための少しの活性酸素だけを発生させるウォーキング方法、ととらえていただくと、わかりやすいかもしれません。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら