眼圧はストレスで上昇します。ストレスをためない方法を知ることは、緑内障対策につながります

人間関係と緑内障
 

職場でも家庭でも!人間関係を良好にする上手な頼み方の5つポイント

仕事でもプライベートでも気が重くなるのが、人に物を頼む時です。

相手の機嫌を損ねてしまわないか、嫌な顔をされないか、色々気に病んでしまうことも。

ですが、人に物を頼むというのは、悪い面ばかりではありません。

実はお願い事をする事で、相手との絆を強め、人間関係を良好にする事ができます。

お願い事によって人間関係を育むためには、頼み方が非常に重要です。

そこで今回は、職場でも家庭でも使える、上手な頼み方のポイントについてお伝えします。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

1. 理由をつけてお願いする

人は理由なしに「○○をしてください」と依頼されると、面倒な事を押し付けられたような気持ちになります。

すると依頼する相手に対して敵意を感じてしまいます。

一方で人間は何か理由があると、その物の正当性を感じるという性質を持っています。

つまり、理由をつけてお願い事をする事で、相手は依頼に正当性を感じ、すんなりと受け入れやすくなるのです。

 

2. 具体的にはっきりと依頼内容を伝える

誰かに頼み事をする時は、聞き取りやすい声で依頼内容を具体的に伝えるようにしましょう。

ボソボソと依頼されると相手は何を話しているのか聞き取れず、イライラを募らせてしまいます。

また、依頼内容が抽象的すぎると何をしていいのか分からず、自分で考えなければならないため、依頼事を面倒に感じ、さらには依頼してきた相手に憤りを覚えるようになります。

具体的に何をしてほしいのかを伝える事で、相手は自分のすべき事を明確にイメージでき、依頼を受け入れやすくなるそうです。
 

3. 相手の都合を確かめてから切り出す

何か物を頼む時は、切り出す前に相手の都合を確かめるようにしましょう。

突然話を切り出されると、相手は自分の予定通りに物事を進める事ができず、イライラしてしまいます。

また、心の準備が整っていないため、依頼内容を受け入れる余裕を持っていません。

「少しお願い事があるんですが、5分ほどお時間いただけますか?」と相手の時間に配慮を示す事で、相手も時間を調整できますし、依頼を受け入れる心の体制を整える事ができます。

 

4. 依頼する前にワンクッションおく

何か物を頼む時は、依頼内容をすぐに伝えるのではなく、クッション言葉を入れるようにしましょう。

「申し訳ないのですが」
「お忙しいのに本当に悪いのですが」

と自分のために時間や労力を費やしてくれる相手に対し、敬意を払う姿勢を見せましょう。

すると相手は自分への配慮を感じて、いい気持ちで依頼を引き受ける事ができます。

 

5. 相手への期待を感じさせる

依頼する時に相手への期待を込める事も大切です。

人間は基本的に自分の労力を費やす事を嫌います。

そのため、依頼されると「どうして自分が必要なのか」という点を無意識のうちに判断します。

自分の力を必要としてくれる人に、人間は労力を費やしたいと思う生き物なのです。

ですので、お願いをする時に
「あなたがいてくれるととても助かる」
「(他の誰でもなく)○○さんの力を貸してほしい」

と相手への期待を感じさせる言葉を添えると効果的です。

期待され、自分の力が評価された相手は「この人のためにもっと力を発揮したい」と信頼感を強く抱くようになるそうです。

 

緑内障社長の一言コメント

お願い事が嫌だと感じてしまうのは、自分がやる必要性や具体的に何をすればいいのかが分からず、相手に自分の時間が邪魔されたと感じるから、とのことです。

つまり、この点を頼み方を工夫する事でクリアできれば、相手も自分も気持ち良く依頼し合う事ができるそうです。

人間は基本的に誰かに必要とされたいと思う生き物、ということを深く考えると、上手に頼る事は相手にとって悪いことばかりではなく、ましてや相手を利用するということでもなく、人間関係を良好にできる可能性に満ちたことなのかもしれません。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら