緑内障対策には老化予防。老化予防には腸内環境が大切

オリゴ糖で緑内障対策
 

特徴を知って賢く取り入れよう!オリゴ糖の種類と特徴

プレバイオティクスとして腸内に住む善玉菌を活性化させ、便秘の解消などに効果を示すオリゴ糖ですが、様々な種類がある事をご存知でしょうか?

オリゴ糖と言ってもどのような商品を購入すればよいのか、お悩みの方も多いと思います。

オリゴ糖をより効率的に摂取するには、オリゴ糖の種類と特徴を知って、目的に合った物を選択する事が大切です。

今回はオリゴ糖の種類とその特徴、オリゴ糖の作り方についてお伝えいたします。

緑内障の発症・進行の確率は、老化と共に上がります。

腸内環境を整え、老化を予防しましょう。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

1. オリゴ糖の作り方

オリゴ糖の作り方には、いくつかパターンがあります。

工程としては、原料を処理して、ろ過し、脱色脱塩処理をして、濃縮されて完成します。

オリゴ糖の原料になるものには、2種類あり、乳糖・砂糖・デンプンの3つの材料から作られる物と大豆やてんさい、綿実殻などの天然物から作られる物に分かれます。

これらの原料は、以下に示す4つのパターンによって処理され、オリゴ糖となります。

・微生物の酵素反応を用いて合成する
・微生物の酵素反応を用いて分解する
・アルカリ条件化で異性化する
・天然物から抽出する

どの作り方も自然の反応を利用しているため、安全性が高く、また、様々な毒性実験によってもオリゴ糖の安全性は保証されているので、安全面において心配する必要はありません。

 

2. 乳糖・砂糖・デンプンから作られるオリゴ糖の特徴

乳糖・砂糖・デンプンから作られるオリゴ糖には、以下の6種類が挙げられます。
 
・ガラクトオリゴ糖

トクホに認可されたオリゴ糖で、乳糖から作られます。
母乳に多く含まれる事で知られており、腸内細菌となじみがよい動物性のオリゴ糖です。
 
・乳果オリゴ糖

ラクトスクロースとも呼ばれトクホに認可されています。
乳糖と砂糖を原料に作られ、オリゴ糖の中では最も甘味が強く風味も砂糖に似ています。
発酵したヨーグルトにも含まれています。
 
・フラクトオリゴ糖

トクホに認可されており、砂糖から作られる淡い甘味のオリゴ糖です。
アスパラガスや玉ねぎ、とうもろこし、にんにく、バナナなどの天然物にもわずかに含まれています。
 
・パラチノース

砂糖から作られるオリゴ糖で、虫歯を作りにくいという特徴を持っています。
はちみつやさとうきびにも含まれています。
 
・グリコシルスクロース

砂糖とデンプンから作られ、あっさりとした甘味が特徴的です。
虫歯になりにくいという機能も持っています。
 
・イソマルトオリゴ糖

トクホに認可されている、デンプンから作られるオリゴ糖です。
まろやかな甘さが特徴的で、はちみつや味噌、醤油、日本酒にも含まれています。
 

3. 天然物から抽出されるオリゴ糖の特徴

天然物から作られるオリゴ糖には、以下の3種類が挙げられます。
 
・大豆オリゴ糖

大豆から抽出されて作られるオリゴ糖でトクホにも認可されています。
砂糖に近い甘味を持っています。
 
・キシロオリゴ糖

綿実殻の繊維を酵素分解して得られるオリゴ糖で、とうもろこしやたけのこにもわずかに含まれています。
トクホに認可されており、カルシウム吸収促進機能を持っています。
甘さは砂糖の半分以下です。
 
・ラフィノース

てんさいオリゴ糖とも言われており、てんさいから抽出されて得られます。
オリゴ糖の中では最も早くビフィズス菌のエサになると報告されています。
 

緑内障社長の一言コメント

オリゴ糖の種類が多く、どれを購入すればわからないという方は、数種類のオリゴ糖を利用するようにしましょう。

複数のオリゴ糖を摂取する事でより効率的に善玉菌を活性化させる事ができます。

甘味も種類によって違うので、コーヒーや煮物などオリゴ糖を使い分けるのもおすすめです。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら