眼圧を上げないために、体の歪みを予防しましょう。

歪み予防で緑内障対策
 

骨を丈夫にして体の歪みを防止する!ビタミンKの効果と摂取方法

健康の維持、そして緑内障の方にとって眼圧を低く維持するためには、体の歪みを予防・改善する事が大切です。

体の歪みの大きな要因になるのが、骨の脆弱化です。

骨が弱くなると、正しい姿勢が維持できなくなり、体に歪みが生じるようになるのです。

そして、この骨の健康に重要な役割を果たす栄養素がビタミンKです。

今回は、一般的にあまり知られていないビタミンKの効果と摂取方法についてお伝えいたします。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

1. 動物性ビタミンK2が特に重要

ビタミンKには、ビタミンK1とビタミンK2の2種類が存在します。

ビタミンK1は、フィロキノンと呼ばれ、ほうれん草やブロッコリーなど植物に含まれます。

一方でビタミンK2は、メナキノン-4と呼ばれ、チーズや鶏の肉など微生物によって作り出されたり動物性食品に多く含まれます。

また、これらの仲間にメナキノン-7が存在し、納豆に多く含有されています。

特に人体の健康に大切なのは、動物性や納豆に含まれるメナキノン類です。

 

2. ビタミンKは骨密度を強化する

ビタミンKの効果でよく知られているのが、血を止める作用です。

そのため、ビタミンKが不足してしまうと出血しやすく、血液凝固に時間がかかるようになるため、怪我などをした時に危険な状態を引き起こしてしまいます。

そして、もう一つビタミンKの効果で重要なのが、骨密度を強化する作用です。

ビタミンKは、ビタミンD3と相乗効果を示し、一緒に摂取すると高い骨密度増加効果を示す事が報告されています。

特に納豆に多く含まれているメナキノン-7は、骨粗鬆症の予防に効果があると注目されています。

 

3. ビタミンKの摂取方法

ビタミンKの摂取には、いくつかコツが必要になってきます。

ビタミンKは、脂溶性のビタミンであり、脂に溶ける事で小腸からの吸収率が高まります。

そのため、吸収率を高めるためには、油分と一緒に摂取する事が必要です。

また、小腸から吸収されたビタミンKは、タンパク質のカプセルに取り込まれる事で血液で全身に運ばれるようになります。

ビタミンKをしっかりと体の必要な部位まで届けるためには、タンパク質と一緒に摂取する事も必要になってくるのです。

ビタミンD3と相乗効果を示す事から、鶏卵をチーズと一緒に調理したり、鶏肉と卵を油で炒めるなど、ビタミンKの効果を得たい場合は、「タンパク質」「油分」「ビタミンD3」の3条件が揃うようにメニューを考えましょう。

 

4. 腸内環境の整備もビタミンKの生成に重要

なんとビタミンKは、腸内細菌によっても生成されます。

つまり、腸内環境の良し悪しがビタミンKの不足に影響し、結果的には骨の健康をも左右するのです。

日頃から不摂生している方や抗生物質を長期間服用している方は、腸内環境が乱れてしまうため、ビタミンK不足になりやすいんですよ。

骨の健康を保つためには、善玉菌優勢の腸内環境に整える事も重要なのです。

 

緑内障社長の一言コメント

ビタミンKには、過剰症は報告されていないので、過剰摂取を心配する必要はなさそうです。

見落とされやすいビタミンですが、体の歪みや骨の健康には非常に重要なビタミンですので、特に女性の方は不足しないように納豆やチーズを上手に食事に取り入れてみては、いかがでしょうか。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら