目に酸素・栄養を届けるのは血液です

減塩で緑内障対策
 

高血圧を予防して血管を守る!少しの工夫で減塩する6つの方法

塩分を摂りすぎると、血液の濃度を上昇させ、それを中和するために血管内には多くの水分が入り込み、結果的に血流量が増加して、血圧が高くなってしまいます。

血圧が高い状態が続くと、血管には大きな負担がかかり、劣化の原因となります。

目に栄養を届けるのは、血液ですので、目の健康のためには、減塩する事がとても重要なのですが、減塩というと美味しくないご飯というイメージが強いですよね。

いくら健康に良くても、毎日の食事が苦痛になってしまうのも問題です。

そこで、今回は少しの工夫で美味しく減塩できる方法をお伝えいたします。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

1. うまみの強い食材を利用する

塩分が少ない調理をする時は、うまみを上手に利用すると、塩気をあまり感じなくても美味しく食べる事ができます。

うまみの強い食材は、昆布や鰹節などのだしやきのこ、干し海老や干し椎茸などの乾物などが挙げられます。

また、牛乳や生クリームなどの乳製品は少量の塩気でも強く感じる事ができるので、上手に利用するとよいでしょう。

 

2. 献立の味にメリハリをつける

献立を立てる時は、バランスよく栄養素が摂れるように主食1品と副菜を2品、汁物を1品用意するようにしましょう。

この時、全ての料理に平等に塩分を利用すると、全体的にぼんやりした味付けになってしまいます。

そうではなく、どれか1品に塩分を集中させてしっかりした味付けをし、その他の料理は素材の味を活かした味付けにします。

すると、献立にメリハリがつき、減塩を感じさせない食事を摂る事ができるのです。

汁物については、出来るだけ汁気を減らし、中の具材を多くするようにすると食べ応えが出てきますよ。

 

3. 香りと酸味でアクセントをつける

減塩をする時は、料理に塩分以外の味でアクセントをつける事も美味しく食べる秘訣です。

効果的なアクセントとなるのが、香りと酸味です。

香りは、スパイス類やわさび、しょうが、カレー粉などがオススメです。

香味野菜であるパセリやしそ、三ツ葉、ゆずなどを利用するのもよいでしょう。

酸味は酢が代表的ですが、それ以外にもトマトやレモンやカボスなどの柑橘系の果汁を料理にプラスすると効果的です。

 

4. 料理の温度を意識する

料理の味は温度にも大きく左右されます。

プロによって開発されたレシピは、想定する適温で最も美味しくなるように工夫されています。

料理を作る時は、冷たい物は冷やして、熱い物は温めて食べる事で、塩分が少なくてもより美味しく食べる事ができます。

 

5. 調味料は小皿に分けて使う

調味料をそのまま食材にかけたり、ボトルのままお鍋に入れてしまうと、どうしても付けすぎや入れすぎといった事が起きてしまいます。

調味料を使う時は、適量を小皿に分けて使う事で、調味料の使いすぎを防止して、不必要に塩分を摂取せずに済みます。

 

6. 味付けは食材の表面にからめる

同じ調味料の量を使っても煮込み料理よりも炒め料理の方が味がしっかりつきます。

塩分を控える時は、味付けをする際、染み込ませる調理よりも、食材の表面にからめる調理にする事で、薄味になる事をカバーできます。

 

緑内障社長の一言コメント

1日あたりの塩分摂取目安量は、成人の男女で8gとなっています。これは小さじ1杯と3/5に相当します。まずは、自分が一体毎日どのくらいの塩分を摂取しているのか計算してみると、減塩がより身近な物になるかもしれません。ただ、あまりに完璧を求めすぎず、楽しく美味しく減塩を心がける、くらいがよいかもしれません。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら