腸内環境改善だけではない!ビフィズス菌の種類と特徴

ビフィズス菌で緑内障対策
 

ビフィズス菌の種類と特徴を知って、免疫を上げて老化を予防

緑内障の発症・進行の確率は、老化と共に上がります。

老化予防には、免疫力の向上が大切になりますが、その際、腸内環境の改善が重要なことはご存知の方も多いと思います。

腸内環境の改善に役立つ善玉菌の代表としてお馴染みなのが、ビフィズス菌です。

ヨーグルトなど様々な商品に含有されていますが、ビフィズス菌と乳酸菌は違うものなのか、違うとしたら一体何が違うのか、よく分かっていない人も多いでしょう。

今回は、ビフィズス菌とは何か、その種類を特徴と合わせてお伝えいたします。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

1. ビフィズス菌とは

ビフィズス菌はBifidobacteriumu属に属している乳酸菌の一種で、主に大腸に多く存在しています。

乳酸菌と分けて表記される事が多いのは、ビフィズス菌が他の乳酸菌とは違い、乳酸以外に酢酸も生成する点によります。

また、他の種類の乳酸菌が酸素を生育に利用する通性嫌気性細菌であるのに対して、ビフィズス菌は酸素がない状態でも生きられる偏性嫌気性細菌に分類されます。

腸内は細菌がひしめき合っており、常に酸素不足の状態です。

そのため、ビフィズス菌の方が大腸内で生息しやすく、個数はなんと乳酸菌の約1000倍であると言われています。

この数字は大人の腸内に住んでいる善玉菌の99%を占めている事を表しています。

つまり、腸内環境改善のためには、いかにビフィズス菌を活性化させ、数を増やすかが重要になってくるのです。

 

2. ビフィズス菌の種類と特徴

ビフィズス菌には現在、32種類存在している事が確認されており、人の腸内では少なくとも10種類以上は生息していると報告されています。

ビフィズス菌は種類によって示す機能も大きく変わってきます。

以下に代表的なビフィズス菌を5種類紹介いたします。

 
・ブレーベ菌(ビフィドバクテリウム・ブレーベ)

ヤクルトに含有されている事で有名なビフィズス菌がブレーベ菌です。

赤ちゃんの腸内に多く存在し、アレルギー症状を改善する効果が有します。

近年の研究において、ガンの予防効果もあると報告されています。

 
・ビフィダム菌(ビフィドバクテリウム・ビフィダム)

腸だけではなく、胃に対しても効果を示すのが、ビフィダム菌です。

一番最初に発見されたビフィズス菌であり、胃酸に負けず、生きたまま腸内に届きます。

整腸作用以外に、ビタミンB群の合成や過剰コレステロールの排泄作用、胃の粘膜を保護する効果、胃がんや胃潰瘍の原因となるピロリ菌の増殖を抑制する効果を有しています。

 
・ロンガム菌(ビフィドバクテリウム・ロンガム)

ロング厶菌とも言われ、日本人の腸内に多く見られるビフィズス菌です。

胃酸に強く、生きたまま腸内に届いて悪玉菌を減少させます。

その他にも、ビタミンB群の合成やコレステロール値の低下、免疫力の向上に効果を示します。

 
・アドレッセンティス菌(ビフィドバクテリウム・アドレッセンティス)

大腸の他に膣内にも生息しているビフィズス菌が、アドレッセンティス菌です。

アドレッセンティス菌は善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールを減らす作用があり、動脈硬化を予防する効果が期待できます。

 
・インファンティス菌(ビフィドバクテリウム・インファンティス)

ビフィズス菌の基準種として扱われているのがインファンティス菌です。

整腸作用以外にも、花粉症などのアレルギー症状の改善や腸管出血性大腸菌への感染を予防する効果があります。

 

緑内障社長の一言コメント

ビフィズス菌には、整腸作用以外にもビタミンの合成や免疫力の正常化、胃の保護など多岐に渡る健康効果が認められています。善玉菌の大半を占める菌だからこそ、上手に継続的に摂取して健康の維持に役立ててください。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら