目に酸素と栄養を届けるのは血液だから、血流改善は緑内障予防に大切です

ウォーキングで緑内障予防
 

血管病のリスクを低減する!レベル別ウォーキング法で無理なく歩く方法

目に酸素と栄養を届けるのは血液です。

そのため、視神経の強化をはじめ、緑内障予防全般に、血流改善は非常に重要です。

緑内障の原因は不明とされていますが、血行不良が原因ではないか、という考え方もあります。

全身の血行を促進し、心肺機能や代謝を高めて細胞の働きを活性化させる最も身近な運動といえば、ウォーキングです。

しかし、いざウォーキングを始めてみると想像以上に辛く、すぐに断念してしまったという方も多いのではないでしょうか?

運動が長続きしないのは、自分のレベルに合った運動をしていないからです。

ウォーキングであっても少しずつレベルアップする方が楽しく続ける事ができるんですよ。

今回は、運動初心者も上級者も楽しむ事ができるレベル別ウォーキング方法をご紹介いたします。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

1. まず万歩計を準備して現状を知る

運動を始めるには、まず、自分がどのレベルにいるのかを知る必要があります。

ウォーキングを始める際は、まず万歩計を用意し、一日にどれくらい歩いているのかチェックする習慣をつけましょう。

万歩計を用いると、目に見えて自分の運動量が分かるので、運動に対する意識の向上にも繋がります。

 

2. 全く運動をしない初心者は散歩から始める

今まで運動が嫌いで全く運動を自主的に行っていなかった方は、散歩からウォーキングを始めるようにします。

10~15分程度、家の近くをゆっくりと景色を楽しみながら歩きます。

散歩する習慣がついてきたら、1日1万歩を目標に、少しずつ歩数を増やしていきましょう。

始めのうちは毎日ではなく、週に1回程度から始めてみると長続きしますよ。

 

3. 運動をたまにする中級者はフォームを意識する

初心者が運動に慣れてきた頃、または運動をたまに行う中級者においては、ウォーキングとしてしっかりとフォームを意識して歩くようにします。

 
・背筋を伸ばして顎を引く

・足の親指でしっかりと地面を蹴って足を前に出す

・かかとからしっかりと着地をする

・リラックスして腕は自然に振る

・歩幅は身長から100cmを差し引いた値を目安にする

などの事を意識して、より効率的なウォーキングを行うようにします。

ウォーキング時間や回数も増やし、出来れば週に2~3回は20分以上のウォーキングを行うようにしましょう。

 

4. 記録を取って目標を掲げる

ウォーキングは継続する事が重要です。

そのためにも、毎日の記録を取ってグラフ化するとより一層モチベーションを高める事ができます。

また、中級者以降のレベルになると、目標を立てる事も大切です。

目標を立てる事で、より意欲的にウォーキングに取り組む事ができるようになり、健康に対する意識も高まります。

 

5. 上級者は日々の生活にもウォーキングを取り入れる

定期的に運動をする習慣がある上級者は、日々の生活にもウォーキングを取り入れるようにしましょう。

1駅分の距離を歩いて通勤する、エスカレーターなどはなるべく使用しないなど、生活の随所で歩く工夫をこらしてみてください。

また、運動仲間を作ったり、ウォーキングのイベントに参加するのもよいでしょう。

そうする事で、運動のマンネリ化を防止して、自分の生活の一つとしてウォーキングを楽しめるようになります。

 

緑内障社長の一言コメント

レベル別ウォーキング法では、初心者の方は挫折せずに、中級者の方はより運動効率を高め、上級者の方ではウォーキングを生活の一部として捉えられるように工夫していきます。まずは、無理をせず楽しむ事を目標にしてウォーキングを始めてみてはいかがでしょうか。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら