緑内障と喫煙について。

目のための運動
 

喫煙は、緑内障などの眼病の発症率を上げると言われています。

本日は、「禁煙すること」で、
緑内障の改善を狙います。

(主に、「視神経を強化する改善策」に関連した内容です)

■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、
 禁煙に取り組んでみてください
 
 吸わない方は、周囲のタバコの
 煙を避けてみてください

■━━━━━━━━━━━━━━━■

喫煙するとニコチンの影響で
血管が収縮します。

目の血管にも影響し、
血行が悪くなります。

血行不良は
緑内障の危険因子として
あげられています。

今日は、
禁煙に取り組んでみましょう。

喫煙しない方でも、
周りに喫煙者がいて、
煙を吸うことで、
体中の毛細血管が収縮してしまい、
血液の流れが
悪くなることがあります。
 

【あなたの目を守るために】自分で出来る緑内障対策

緑内障予防のために、これだけはやっておきたいことをまとめました。 詳しくは、こちら

 

解説:血行不良は緑内障の危険因子としてあげられていますので、禁煙が推奨されます。

喫煙は、
様々な目の病気の
発症率を上げると言われています。

たとえば、喫煙者は、
加齢黄斑変性症になる確率が
4-5倍あがることが
報告されています。

また、アメリカの調査ですが、
1日にたばこを20本以上吸う人は、
まったく吸わない人と比べて、
白内障にかかるリスクが
2.6倍高くなります。
 

喫煙が緑内障に与える影響。

喫煙するとニコチンの影響で
血管が収縮します。

全身の血管が収縮すると、
当然目の血管にも影響し、
血行が悪くなります。

血行不良は
緑内障の危険因子として
あげられていますので、
禁煙が推奨されます。

目のために
禁煙に取り組むことが大切です。

禁煙治療には健康保険が
適用される場合もあるので、
活用を考えてみてください。

喫煙しない方でも、
周りに喫煙者がいて、
煙を吸うことで、
体中の毛細血管が収縮してしまい、
血液の流れが悪くなる
ことがあります。
 

タバコによる活性酸素も、緑内障に影響。

また、たばこを吸うことで
体内に発生する活性酸素が
悪影響を及ぼすとも
考えられています。

活性酸素は、老化を促進し、
緑内障の進行を早めたり、
目の細胞を傷つけ、
変性させる危険があります。

なぜ活性酸素が目に良くないのか、
は、こちらをご覧ください:
(目が透明な理由)
http://cjnext.com/eye/blog/288
(目が透明とは均一であること)
http://cjnext.com/eye/blog/290
(均一性を乱すもの)
http://cjnext.com/eye/blog/296

活性酸素から目を守る仕組み
は、こちらをご覧ください:
http://cjnext.com/eye/blog/298
http://cjnext.com/eye/blog/304
 

緑内障社長の一言コメント

タバコについては、様々なご意見あると思いますが、控えることができる方は、お控えになってはいかがでしょうか。


今回の内容を、正しく緑内障対策にご活用いただく為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しております。

原因不明の眼病である緑内障に対して、ツボや民間療法も含め、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報を、集め、公開しています。

あえて「雑多」とも感じられるほどの、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、どうご活用いただくべきかについて、当サイトがお勧めする活用方法として、以下の記事にまとめました。

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

眼圧を下げるだけでは、緑内障対策としては不十分です。なぜなら・・・

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧を下げることも含めて、ご自分でできる緑内障対策には、大きく3つの種類があります。

失われた視野は、現時点の医療では取り戻すことができません。
後悔のないように、できることは全てやりましょう。

ご自分でできる3つの緑内障対策について、詳しくは、こちらの記事をお読みください:緑内障に、総合的に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

簡単に目に良いことを継続できる無料メルマガはこちら

当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続することができます。

ご利用は無料。ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら