ルテインの緑内障への効果について。

野菜
 

目に良いと言われるルテインの効果について、まとめました。

本日は、「ルテイン」で、緑内障の改善を狙います。

(主に、「緑内障に良い栄養」に関連した内容です)

■━━━━━━━━━━━━━━━■

 今日は、
 緑黄色野菜と卵を食べましょう

■━━━━━━━━━━━━━━━■

緑黄色野菜や卵黄に含まれる「ルテイン」は、
天然のサングラスとも呼ばれており、
その強力な抗酸化作用で、
活性酸素を除去する働きをサポートします。

光から目を守るために消費されるため、
消費された分は補う必要があります。

今日は、緑黄色野菜と卵を、
食事にとりいれてみてください。
 

【あなたの目を守るために】自分で出来る緑内障対策

緑内障予防のために、これだけはやっておきたいことをまとめました。 詳しくは、こちら

 

天然のサングラス、ルテインとは。

ルテインは黄色の植物色素で、植物が、
紫外線による活性酸素から、
自分の身を守るための成分といわれています。

強力な抗酸化作用を持ち、
水晶体や毛様体、虹彩など
目の各組織にもともと存在している成分ですが、
特に網膜に多く存在しています。
 

目の網膜で、ルテインが消耗されます。

網膜は視力や色覚の機能をつかさどり、
光が常に集まっている部分ですので、
光から目を守るためにルテインが消耗されます。

消耗された分は補わないといけません。
 

ルテインは、どうやって目を守っているのでしょうか。

黄色は、紫外線やテレビ、パソコンなどが放つ
青色の波長の光を遮る性質があり、目の中で
サングラスの役割をしているのが黄色のルテインです。

目に有害とされている
テレビやパソコンなどから発せられるブルーライトや
紫外線、光によって発生する活性酸素を
除去する働きをサポートします。

「天然のサングラス」とも呼ばれており、
黄斑変性症や白内障など加齢による目の病気に対する
予防・改善効果が期待されています。
 

ルテインを含む食事・食べ物。

ルテインは、次の食べ物に含まれています。

野菜類:緑黄色野菜
(ほうれん草、にんじん、ブロッコリー、かぼちゃなど)
その他:卵黄

特にほうれん草は100g中に11938μgと、
レタスやブロッコリーの5倍含まれています。
 

ルテインを摂取するときは、油と一緒に。

脂溶性の植物色素なので油で炒めて食べると吸収がよくなります。
 

黄斑変性症に対するルテインの効果。

黄斑変性症に対するルテインの効果を調べた研究では、被験者が長期間に渡り1日10mgのルテインをサプリメントで摂取し、症状が改善した事例もあります。

アメリカでは2007年から、4000人以上を対象とした6年間の大規模な臨床試験(AREDSⅡ)も行われています。

ルテインとゼアキサンチン(次にご紹介)を摂取していると、黄斑変性症のリスクが低くなるというデータが得られており、今後のさらなる研究の発展が期待されています。
 

ルテインの飛蚊症への効果。

ルテインは黄斑変性症の初期症状でもある、飛蚊症にも効果的であるといわれています。
 

ルテインの白内障予防効果について。

また、積極的なルテインの摂取は、白内障の予防にも効果があるといわれています。

(ルテインを豊富に含む緑黄色野菜の摂取頻度が高まると、それに比例して白内障発症のリスクが抑えられる)
 

ルテインの抗炎症作用について。

さらに、ルテインは、抗酸化作用に加えて抗炎症作用も持っています。

ルテインの持つ抗炎症作用はぶどう膜炎などの眼病予防に効果的であるといわれています。
 

ルテインの摂取量について。

一日の推奨量:6mg。

上限について:
日本の厚生労働省基礎研究班の発表では、1日35mgを1週間摂取して問題が生じなかったことが確認されています。
また、JECFAによると1日2mg/kg(体重50kgの場合、1日100mg)までの摂取量であれば問題ないとのことです。
 

緑内障社長の一言コメント

緑黄色野菜は、健康に良い、というイメージがありますが、ルテインを含んでいることから、目にもとても良いと言えます。
ただ、目のためには、ルテインは、1日に6mg以上摂るとよいとされていますが、この量を、普通に緑黄色野菜から摂ろうとすると、ほうれん草で約4.4株、必要となります。
なかなか大変(というか無理)なので、私自身はサプリを活用しています。


今回の内容を、正しく緑内障対策にご活用いただく為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しております。

原因不明の眼病である緑内障に対して、ツボや民間療法も含め、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報を、集め、公開しています。

あえて「雑多」とも感じられるほどの、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、どうご活用いただくべきかについて、当サイトがお勧めする活用方法として、以下の記事にまとめました。

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

眼圧を下げるだけでは、緑内障対策としては不十分です。なぜなら・・・

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧を下げることも含めて、ご自分でできる緑内障対策には、大きく3つの種類があります。

失われた視野は、現時点の医療では取り戻すことができません。
後悔のないように、できることは全てやりましょう。

ご自分でできる3つの緑内障対策について、詳しくは、こちらの記事をお読みください:緑内障に、総合的に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

簡単に目に良いことを継続できる無料メルマガはこちら

当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続することができます。

ご利用は無料。ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら