パートナーとの関係がストレスに?夫源病と妻源病の真実と対策方法

ストレス解消で緑内障予防
 

眼圧はイライラするだけでも上がります

緑内障進行要因である高眼圧は、イライラするだけでも起きてしまいます。
緑内障予防の一つとして、ご自身にあうストレス解消法の引き出しを色々と用意しておくことをお勧めします。

さて、体調不良が続いて病院を受診しても原因が分からないとお困りのことはないですか?

もしあなたが既婚者であれば、体調不良の原因が、夫や妻にある可能性があります。

パートナーの関係性や存在自体がストレスになって自律神経が乱れてしまう病気を「夫源病」「妻源病」と呼びます。

今回は、夫源病や妻源病とは一体どういったものなのか、その対策方法と一緒にお伝えいたします。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

1. 夫源病と妻源病とは?

夫源病や妻源病は、書いて字の如く、パートナーの存在がストレスとなって引き起こされる様々な体調トラブルの事を指します。

男性更年期外来を行っている大阪樟蔭女子大学の石蔵先生によって名付けられた病気です。

男性は外出する機会が多い事から、女性の方が夫源病になりやすい傾向にあります。

特に定年退職後、夫が家にいる機会が多くなると、夫源病や妻源病が発症しやすくなります。

自分自身が感情の表現が苦手で責任感や忍耐力が強いという方は特に注意しましょう。

また、パートナーの性格が、人を見下す、挨拶や感謝の言葉を口にしない、協力的ではない、内弁慶といった傾向にあるとストレス源になりやすいため、一度相手の言動を観察してみてください。

 

2. 夫源病と妻源病が原因となる体調トラブル

では、実際に夫源病や妻源病ではどのような体調トラブルを呈するのでしょうか。

夫源病や妻源病の特徴として、パートナーと一緒にいる時に症状が強くなるといった事が挙げられます。

相手への不満を心の中に溜め込む事で、自律神経が乱れ、ホルモンのバランスが崩れて更年期障害のような症状を呈するようになります。

パートナーが家にいる時に、特に頭痛や動悸、めまい、身体ののぼせ、イライラがひどくなるという方は夫源病および妻源病の可能性が高いでしょう。

また、うつ病や本態性高血圧症、突発性難聴や突発性頭痛などの診断をされた方も要注意です。

 

3. 夫源病と妻源病を克服するための対策方法

夫源病や妻源病を改善するためには、相手と適度な距離感を維持し、良好な関係を再構築する事が必要です。

次に夫源病と妻源病の対策方法を5つご紹介いたします。

 
・自分から働きかける

相手に対して不満があるからといって無視し合うのは、状況を悪化させます。

関係を修復するためには、挨拶や感謝、謝罪の言葉を自ら積極的に伝えるようにしましょう。

すると自然と相手も言葉をかけてくれるようになります。

 
・定期的にお互いに今の気持ちをインタビューし合う

不満を心に溜めるから病気は悪化します。

定期的にインタビューし合う時間を設けて、相手に対する気持ちを伝え合うようにしましょう。

また、自分の気持ちはその場で伝えるようにし、関係構築のためにプチ喧嘩をする事もおすすめです。

 
・お互いに一人の時間を作る

パートナーとの距離感が近すぎると、相手のいい面が見えなくなり、悪い面ばかり目に入るようになります。

よい関係を築くためにも、外出や旅行などお互いに一人になれる時間を作りましょう。

 
・少しの間別居する

喧嘩も話し合いもできるようなパートナーではない場合は、少しの間別居する事をおすすめします。

離れて暮らす事で、自立した精神を養い、相手の存在について冷静に考えられるようになります。

 

緑内障社長の一言コメント

パートナーは最も近い存在だからこそ、最も影響を受ける人間。日本では我慢が美徳として考えられていますが、結婚生活をよりよいものにするためには伝え合う努力や時に衝突し合う事も必要だとのことでした。自分の中で不満を溜めすぎず、上手に伝えられる関係を構築できると良いそうです。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら