体のなまりを無理なく解消!運動不足の人にまず行ってほしい4つのストレッチ

ストレッチで緑内障予防
 

血行不良が緑内障の原因という考え方があります

緑内障の原因は不明とされていますが、血行不良が原因だと考える方がいます。

緑内障予防につながる可能性や、もちろん健康のために、血行改善は大切です。

血行改善といえば運動ですし、運動は、精神的にも身体的にも健康を維持するために欠かせません。

しかし、最近ではウォーキングやジョギングをされている方も多いですが、運動が嫌いな方にとってはハードルが高いですよね。

また、運動不足の方がいきなりハードな運動をすると、体に負担がかかりすぎ、危険です。

運動を普段全くしない方は、まずストレッチを日常に取り入れてみましょう。

今回は、なまった体を効果的にほぐしてくれる運動不足の人におすすめのストレッチをご紹介いたします。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

1. ふくらはぎのストレッチ

運動不足の方は、まず運動の衝撃を受けやすい下半身を重点的にストレッチしましょう。

ふくらはぎは血流の要でもあるので、しっかりと伸ばしてほぐしてあげてください。

 
・右足を前に出して膝を曲げ、左足はかかとをしっかりとつけて膝を伸ばします。
・上半身が前に倒れないように気をつけて、背筋を伸ばし、両手を右足の膝に添え、重心を右足にのせます。
・20秒間この姿勢をキープし、左足のふくらはぎを伸ばしましょう。
・反対側の足も同様に行ってください。

 

2. 太ももと腰のストレッチ

腰周辺は血流が滞りやすく、運動をするに当たって体の柔軟性に影響を与える部分ですので、太ももと一緒に筋肉をほぐしてあげる必要があります。

 
・転倒防止のため、壁のある場所で行います(バランス感覚に不安がある方は、寝転んで行っても大丈夫です)。
・壁に向かって立ち、背筋を伸ばします。
・左手を壁につけて体を支え、右手で右足を抱きかかえるように太ももを胸に引き付けます。
・できる限り太ももを胸に近づけ、左足の膝はしっかりと伸ばした状態で20秒キープします。
・反対側の足も同様に行いましょう。

 

3. 前太もものストレッチ

太ももの前方部分には、大きな筋肉が存在しています。

トラブルを回避するためにも、運動を行う前は、しっかりと前太ももの筋肉をほぐすようにしましょう。

 
・転倒の危険もあるため、壁のある場所で行ってください。
・左手に壁がくるように壁の横に足を揃えて、真っ直ぐ背筋を伸ばして立ちます。
・左手を壁に添え、右手で右足の足首を持って、右かかとをお尻につけるように引き付けます。
・20秒間右足の前太ももを伸ばしたら、反対側も同様に行いましょう。

 

4. 体の両脇のストレッチ

最後は忘れがちな体の両脇をほぐすストレッチ方法です。

運動不足の方は固まりがちなので、しっかりと伸ばすようにしましょう。

 
・あぐらをかいて床に座り、右手をお尻の横の床につけ、左腕を真っ直ぐ上に伸ばします。
・右肘を曲げ、20秒かけて息を吐きながら、左手を右手に近づけるように上半身を右に傾けます。
・反対側も同様に行ってください。

 

緑内障社長の一言コメント

運動不足の方は筋肉の柔軟性が失われた状態になっているので、必ず運動の前後にストレッチを行うようにしましょう。
運動する時間がない方も、テレビを見ながらでも、ご紹介したストレッチをしていただくだけでも違いますから、ぜひお試しください。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら