「鍼灸師が解説する緑内障の方の為の東洋医学講座」連載第3回のテーマは、東洋医学を用いた身体の見方です。

鍼灸師の先生による解説記事をどうぞご覧ください。

 

東洋医学を用いた体の見方 基本編

東洋医学は精密な検査機器を持たない時代から、病などの体の状態を判断してきました。

人間の体がどう反応すればどのような状態になるかを、長く伝わる理論によって考えていくことが東洋医学の体のとらえ方となります。

これを弁証論治(べんしょうろんち)と呼んでいます。

基本的には施術者が患者に対して行うものですが、セルフチェックの参考にもなります。

まず初回は、病因と病の見方の基本編です。

 

外因・内因・不内外因

東洋医学で考えられる、病の原因は、外因・内因・不内外因とされています。

外因(がいいん)

外因は、気候など体の外からのストレスが病の起きる原因となることを指します。

自然現象である風(ふう)・寒(かん)・暑(しょ)・湿(しつ)・燥(そう)・火(か)を六気と呼んでいます。

寒すぎたり、湿度が高すぎたりすると、外邪(がいじゃ)と呼ばれる悪影響を与える原因となります。

それぞれ、風邪(ふうじゃ)・寒邪(かんじゃ)・暑邪(しょじゃ)・湿邪(しつじゃ)・燥邪(そうじゃ)・火邪(かじゃ)と呼んでいます。

風邪 :寒気、発熱、頭痛
寒邪 :悪寒、冷え、体のこわばり
暑邪 :発熱、発汗、のぼせ、倦怠感
湿邪 :だるさ、関節痛
燥邪 :皮膚や粘膜の乾燥
火邪 :目の充血、出血、炎症、高熱

内因と不内外因(ないいん、ふないがいいん)

内因は、精神的なストレスが病の原因となることを指します。

七情と呼ばれる、喜(き)・怒(ど)・思(し)・憂(ゆう)・悲(ひ)・恐(きょう)・驚(きょう)の七つの感情で表されています。

漢字の通りの意味がありますが、例えば通常は良いことと思える「喜ぶ」という感情も度が過ぎれば、気が緩んでしまい気分をコントロールしづらくなるということを意味しています。

喜 :心に関与、気の緩みを引き起こし、気分が上下し不眠などが起きやすい。
怒 :肝に関与、気(血)がのぼり、手足の冷えが起きる。気を失うことも。
思 :脾に関与、気がかたまり、下痢など消化器症状や食欲不振。
憂 :肺に関与、気を消耗、呼吸に影響を与え、咳などがでる。
悲 :憂いと同じ肺に関与、気を消耗、呼吸に影響を与え、咳などがでる。
恐 :腎に関与、気が下がり、排泄機能に影響を与え、失禁など。
驚 :恐と同じ腎に関与、気が乱れ、精神が安定しない。

一方、不内外因は外因、内因に当てはまらない場合を指します。

具体的には、乱れた食生活や過労などが原因となります。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 詳しくは、こちら

 

四診

望診、聞診、問診、切診の四つの方法で診断する方法です。

望診(ぼうしん)

客観的に見てわかる顔色、舌の色、表情、など目で見てどのような状態であるかをみます。

聞診(ぶんしん)

体の音を聞くというほか、匂いを嗅ぐことも聞診には含まれます。

声や呼吸の様子、内臓から発される体の音を聞くこと、体や分泌物や排泄物などの匂いによって判断します。

問診(もんしん)

現代の西洋医学でも行われている方法に近い診断法です。

どのような症状か、普段の生活習慣、体質などを直接具体的に聞いていきます。

切診(せっしん)

直接触れることで判断する方法です。

脈診、腹診と呼ばれる方法が多く取り入れられています。

脈診は、部位により五臓六腑が当てはめられており、それぞれの場所の脈の状態で判断します。

腹も同様に五臓が当てはめられているほか、腹の張り具合や音、肌の状態なども見ます。

 

執筆者プロフィール

ノダミライ
日本の鍼灸師国家資格、フランスのエステティシャン国家資格保持。日仏で約15年間活動後独立。美容鍼灸、エステ施術を行うほか、美容や東洋医学のライターとしても活動中。
 
 


今回の内容を、正しく緑内障対策にご活用いただく為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しております。

原因不明の眼病である緑内障に対して、ツボや民間療法も含め、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報を、集め、公開しています。

あえて「雑多」とも感じられるほどの、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、どうご活用いただくべきかについて、当サイトがお勧めする活用方法として、以下の記事にまとめました。

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

眼圧を下げるだけでは、緑内障対策としては不十分です。なぜなら・・・

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧を下げることも含めて、ご自分でできる緑内障対策には、大きく3つの種類があります。

失われた視野は、現時点の医療では取り戻すことができません。
後悔のないように、できることは全てやりましょう。

ご自分でできる3つの緑内障対策について、詳しくは、こちらの記事をお読みください:緑内障に、総合的に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

簡単に目に良いことを継続できる無料メルマガはこちら

当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続することができます。

ご利用は無料。ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら