網膜代謝で目の健康を保つ!亜鉛を食べるレシピ

亜鉛レシピ
 

目によい栄養素といえば、ビタミンAやアントシアニンなどをあげる方が多いと思いますが、亜鉛も目にとって重要な役割をしている栄養素です。

今回の記事では、亜鉛と目の関係や、亜鉛をしっかりとれるレシピについて解説します。

 

目の健康を保つ亜鉛の作用とは?

亜鉛は、私たちの体の中の様々な代謝とかかわっている栄養素です。

細胞分裂や新陳代謝、味覚の維持などは、亜鉛が不足すると正しく機能することができません。

亜鉛は、全身にとって欠かせない栄養素なのですが、もちろん、目にとっても欠かすことができない栄養素です。

亜鉛の不足は、夜盲症や網膜代謝を保つことができなくなる原因となります。

不足なく摂取して、目の健康を保ちましょう。

 

【お医者様も推奨】 緑内障社長の専用サプリだから必要な栄養を全てとれて安心

目に必要な成分30種を、たった一粒で簡単にとることができます。 お医者様も推奨しています。なんと94.5%のお客様にご継続頂いています。 科学的に証明された治療だけでは、心もとない。 急増する正常眼圧緑内障(眼圧が低くても進行する緑内障)に対抗するために、万全を期したい方。 目に良い可能性のあることは、全てやって、安心して過ごしたい方。 緑内障に真剣に取り組みたい方の為に、必要な栄養を網羅したサプリメントを開発しました。 詳しくは、こちら

 

亜鉛をしっかりとれる!おすすめメニュー

亜鉛をしっかりとれすおすすめメニューをご紹介します。

 

亜鉛メニュー1:牡蠣のオリーブオイル漬け

材料(2人分)

牡蠣10個、酒または白ワイン大さじ2、しょうゆ大さじ1、にんにく(おおさじ1くらい、お好みで)、オリーブオイル

作り方

1.にんにくをきざむ。
2.フライパンでオリーブオイルを加熱し、にんにくを入れて炒める。にんにくの香りが出ればOK。
3.2.に牡蠣と白ワイン、しょうゆを入れる。
4.3.を容器に入れて漬ける。オイルが足りなければオリーブオイルを足してもOK。

栄養価(1人分)

カロリー約350kcal、たんぱく質6.6g、亜鉛13.2mg

レシピのポイント

亜鉛を含む食材といえば牡蠣。

その牡蠣を使ったシンプルなレシピです。

牡蠣は1個で1食にとりたい亜鉛の約88%を摂取できる食材なので、亜鉛をとりたいときは牡蠣を食べるのが1番です。

亜鉛はとりすぎると過剰症をおこしてしまいますが、毎日牡蠣を20個程度食べ続けるくらい食べすぎたときにおこるので、過剰症を気にする必要は、あまりないといえるでしょう。
 

亜鉛メニュー2:牛肩で作るカレーライス

材料(4人分)

牛肩ブロック400g程度のもの、にんじん1本、たまねぎ1個と1/2、カレーのルウ1箱、ごはんお好みで

作り方

1.牛肩のブロックに塩コショウをふる。塩コショウをしたら、食べやすいサイズに切る。
2.にんじんを乱切り、たまねぎをスライスする。
3.1.と2.を炒める。
4.箱にある規定量の水を入れ、沸騰させる。
5.肉がかたければ、十分に煮込む。
6.5.にルウを入れる。

栄養価(1人分)

カロリー546kcal(ごはん0.5合)、たんぱく質25.7g、亜鉛6.6mg

レシピのポイント

亜鉛6.6mgがとれるレシピです。

これは、1食でとりたい亜鉛の約2倍に該当します。

牛肩肉は、亜鉛を多く含む食材なので、牡蠣が苦手でお肉から亜鉛をとりたい人におすすめのレシピです。

 

まとめ

亜鉛は、目の細胞の代謝に欠かせない栄養素で、欠乏すると夜盲症の原因となります。

亜鉛は牡蠣に多いことは有名ですが、レバーや牛肩肉にもたくさん含まれています。

牡蠣が苦手な人には肉類からとることをおすすめします。

(参考URL)
https://hoshigaoka-hifuka.com/ippan/zinc
 

執筆者プロフィール

管理栄養士 おか なおみ
卒業後、管理栄養士として病院や福祉施設での栄養管理、給食管理の仕事に従事。現在は高齢者施設にて入居者様の栄養管理および、質の良い食事サービスを目指して季節感を取り入れたメニューの作成や調理員の指導を行っている。


当サイトを、正しく緑内障対策にご活用頂く為に。

当サイトでは、緑内障改善の可能性がある情報を、あえて非常に幅広く掲載しており、医学的治療の範囲を超え、予防・改善の可能性がある情報を発信しております。

これらの情報は、原因不明の眼病である緑内障に対して、効果を発揮する可能性があり、また、お医者様では立場上、提供しにくい範囲の情報であることから発信をしておりますが、これらを行えば、適切な治療等を行わずに済むというものではございません。

医学的治療の範囲を超えて、様々な情報を掲載している目的や、それらの情報を、皆さまの緑内障改善のために、正しくご活用いただくために、以下の記事を一度ご覧ください:

・ 緑内障に立ち向かうために、自分で出来る3つのこと

皆さまの緑内障対策の一助となれば幸いです。
ぜひご覧ください。

治療だけでは安心できない!?
無料メールで万全の緑内障対策を。

眼圧を下げるだけでは、今は、緑内障対策としては、不十分です。

なぜなら、眼圧を下げても進行するタイプの緑内障が急増しているからです(正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本の緑内障患者の72%と言われます)。

眼圧下降を含め、様々な予防法として当サイトで公開されている内容を、無料で毎日メールでお届けします。

緑内障予防に役立つ内容を、メールで毎日一つ、受け取ることで、簡単に目に良いことを継続できます。

無料でご利用いただけますので、目に良い可能性があることを毎日行って、安心して毎日をお過ごしください。 ご解約もいつでも可能です。

詳しくはこちら